連載

窓のむこうは

毎小編集長の木村葉子が執筆するコラムです。毎小という窓を通じて、新たな景色をみなさんと一緒に見ていきたいです。

連載一覧

窓のむこうは

色とりどりのランドセル 思い出乗せて、夢乗せて

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ランドセルを受(う)け取(と)り、笑顔(えがお)の子(こ)どもたち。校舎(こうしゃ)はなく、青空教室(あおぞらきょうしつ)で学(まな)んでいます=アフガニスタンで1月(がつ)(国際協力(こくさいきょうりょく)NGOジョイセフ提供(ていきょう)) 拡大
ランドセルを受(う)け取(と)り、笑顔(えがお)の子(こ)どもたち。校舎(こうしゃ)はなく、青空教室(あおぞらきょうしつ)で学(まな)んでいます=アフガニスタンで1月(がつ)(国際協力(こくさいきょうりょく)NGOジョイセフ提供(ていきょう))

 みなさん、こんにちは。先週末せんしゅうまつデパートにったら、来年らいねんがつ新入生用しんにゅうせいようランドセルがされていました。しん年生ねんせい真新まあたらしいランドセルを背負せおって登校とうこうはじめたばかりなのに、もうつぎの「ランドセル商戦しょうせん」がはじまっているのかと、びっくりしました。

 わたし小学生しょうがくせいころは、おんなあかおとこくろのランドセルを使つかどもがほとんどでした。でもいまは、ちゃむらさき、ピンク、あおなどいろとりどり。デザインもリボンがついたり、しゅうがはいったり、キラリとひかかざりがついたりと、さまざまです。たくさん種類しゅるいがありすぎて、どれがいいかまよってしまいそうです。

あっ、わすれた!

 ランドセルといえば、いまでもわらってしまうことがあります。もう大人おとなになった息子むすこが、小学しょうがく年生ねんせいごろのことでした。学校がっこう途中とちゅうまでおくっていき、「じゃあね」とわかれたときです。息子むすこにランドセルがないのです。「ランドセルは?」「あっ、わすれた!」。わたし息子むすこも、まったづかずあるいてきてしまいました。ランドセルをわすれるなんて、うっかりもの親子おやこです。

 小学生しょうがくせいにはかせないランドセル。卒業そつぎょうして使つかわなくなったランドセルをアフガニスタンなどのどもたちにおく活動かつどうがあります。

ゆたかなまなびのとき

 アフガニスタンはながつづ紛争ふんそうやテロのために、おおくのひと衣食住いしょくじゅう事欠ことかき、医療いりょうけられずにいます。また、教師きょうし学校施設がっこうしせつりないうえに、家庭かていまずしいことから、おおくのどもが学校がっこうかよえていません。そんなどもたちを支援しえんしようと非政府組織ひせいふそしき(NGO)で国際協力こくさいきょうりょくをしている「ジョイセフ」は、2004ねんからこれまでにやく24まんのランドセルをアフガニスタンなどにとどけてきました。

 ジョイセフでは、使つかわなくなったランドセルを、一年中いちねんじゅうけているそうです(海外輸送費かいがいゆそうひ寄贈者負担きぞうしゃふたん)。いろとりどりのランドセルはうみわたり、また大切たいせつ使つかわれています。ランドセルをむねいた笑顔えがお写真しゃしんていると、小学生しょうがくせいだったどもたちがおもされました。日本にっぽんどもたちとおなじように、アフガニスタンのどもたちにも、ゆたかなまなびのときおとずれますように。

 また来週らいしゅういしましょう。ごきげんよう。【編集長へんしゅうちょう木村きむら葉子ようこ

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る