連載

毎小ニュース

最新ニュースや世界の出来事を、分かりやすく、的確にお伝えします。スクラップのための素材として最適です。

連載一覧

毎小ニュース

社会 児童労働なくすために(その2止) 日本から考える できること、たくさんある

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
波田野(はたの)優(ゆう)さんが「わたしたちにできること」をまとめたノート 拡大
波田野(はたの)優(ゆう)さんが「わたしたちにできること」をまとめたノート

 =1めんからつづく

 児童労働じどうろうどうについて調しらべてきた東京都杉並区とうきょうとすぎなみく小学しょうがく6ねんせい波田野はたのゆうさん(11)は、世界せかいどもたちと自分じぶんのこととらしわせながら、ある疑問ぎもんがわいてきました。「お手伝てつだいとどうちがうのだろう?」

波田野(はたの)さんは自分(じぶん)のお手伝(てつだ)いの体験(たいけん)から、児童労働(じどうろうどう)について思(おも)いをめぐらせました 拡大
波田野(はたの)さんは自分(じぶん)のお手伝(てつだ)いの体験(たいけん)から、児童労働(じどうろうどう)について思(おも)いをめぐらせました

 波田野はたのさんのおとうさんは、東京都内とうきょうとない鳥屋とりやひらいています。波田野はたのさんはちいさなころから、おしぼりを交換こうかんしたり、おきゃくさんたちから注文ちゅうもんいたり、テーブルをふいたりして、おみせ手伝てつだってきました。「ひょっとしてわたし児童じどう労働ろうどうさせられていたのかな」とかんがえたそうです。

 しかし、波田野はたのさんが調しらべた開発途上国かいはつとじょうこく児童労働じどうろうどうは、レンガやカーペットづくり、衣料品いりょうひんやチョコレートの原料げんりょう生産せいさんなど、かなりきびしいものでした。「給料きゅうりょうをほとんどもらえないもいるし、工場こうじょう事故じこいのちうしなったどももいました」。国際労働機関こくさいろうどうきかん(ILO)の調査ちょうさでは、児童労働じどうろうどう農林水産業のうりんすいさんぎょうもっとおおく、サービスぎょう工業こうぎょうつづいています。1おく5200まんにん児童労働じどうろうどうしゃのうち、半分はんぶんくらいは危険きけんがいのある仕事しごとをしているともわれています。

 波田野はたのさんは「わたしたちは、学校がっこうけずにはたらいたがつくった洋服ようふくなどを何気なにげなく使つかっていることがあります」とうったえます。イラストをくのがきなので児童労働じどうろうどうをテーマにき、コンクールに応募おうぼしています。ものをするときも、生産者せいさんしゃ適正てきせい価格かかく保証ほしょうする「フェアトレード」の商品しょうひんをなるべくにとるなど、できることはたくさんあります。「わたしたちがすこしずつでも関心かんしんつことで、児童労働じどうろうどうをするどもがっていくとおもいます」

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る