連載

NEWSの窓

毎日新聞のベテラン記者たちが、政治や経済、国際問題、科学、スポーツ、メディアをテーマにやさしく解説します。

連載一覧

NEWSの窓

政治 通常国会閉会 毎日、議論すべき時なのに

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
通常国会(つうじょうこっかい)最終日(さいしゅうび)の衆議院本会議(しゅうぎいんほんかいぎ)を終(お)え、議場(ぎじょう)を出(で)る議員(ぎいん)たち=国会内(こっかいない)で16日(にち) 拡大
通常国会(つうじょうこっかい)最終日(さいしゅうび)の衆議院本会議(しゅうぎいんほんかいぎ)を終(お)え、議場(ぎじょう)を出(で)る議員(ぎいん)たち=国会内(こっかいない)で16日(にち)

与良正男よらまさお 毎日新聞まいにちしんぶん 専門編集委員せんもんへんしゅういいん

 通常国会つうじょうこっかいが16にち閉会へいかいしました。つぎ臨時国会りんじこっかいあき以降いこうになります。それまで相当そうとう期間きかんがあります。国会議員こっかいぎいんはもう夏休なつやすみだといたら、みなさんびっくりするでしょう。

 新型しんがたコロナウイルスの感染かんせんはなかなかおさまらず、みなさんも不自由ふじゆう生活せいかつつづいているとおもいます。状況じょうきょう刻々こくこく変化へんかしています。政府せいふがどんな対策たいさくをしていくのか、与党よとう野党やとう日々ひび議論ぎろんしていくことが必要ひつようです。

 こうしたなかで、東京とうきょうオリンピックを予定通よていどおり、7がつ開催かいさいするのでしょうか。開催かいさいすればひとながれはえるでしょうから、感染かんせんおさまるどろか、もっとひろがってしまうかもしれません。

 おおくのひと不安ふあんかんじているでしょう。その不安ふあんにも菅義偉すがよしひで総理大臣そうりだいじん首相しゅしょう)らはきちんとこたえていかなくてはなりません。

 国会こっかい野党やとう首相しゅしょう質問しつもんするのが基本きほんです。でも、その質疑しつぎつうじて、首相しゅしょう自分じぶんかんがえを国民こくみんつたえていくこともおおきな役割やくわりです。この時期じきだからこそ、首相しゅしょうかた機会きかい毎日まいにちのように、あったほうがいいとおもうのです。

 通常国会つうじょうこっかい期間きかん会期かいきいます)は150日間にちかんまっていますが、期間きかんばす(会期延長かいきえんちょういます)こともできます。今回こんかい野党やとう大幅おおはば延長えんちょうもとめましたが、菅首相すがしゅしょうと、与党よとう自民じみん公明こうめい両党りょうとうはこれをこばみました。

 たしかに菅首相すがしゅしょう答弁とうべん上手じょうずではありません。最近さいきんこたえになっていないような場面ばめん目立めだちます。だからとって、国会こっかい議論ぎろんからげてはいけない。くにのトップがげようとするほど、ぎゃく国民こくみん不安ふあんすのではないでしょうか。

 国会こっかい延長えんちょうせずにえてしまう傾向けいこうは、安倍晋三あべしんぞうぜん首相しゅしょう時代じだいからつづいています。閉会へいかいしても緊急時きんきゅうじなどには質疑しつぎおこなうことができますが、この「国会こっかいぎらい」ははやえないといけないとおもいます。


 政治部せいじぶデスクなどをて2004ねんから論説委員ろんせついいん早稲田大学大学院客員教授わせだだいがくだいがくいんきゃくいんきょうじゅつとめた。TBSテレビ・ラジオや大阪おおさかMBSテレビの報道番組ほうどうばんぐみなどでコメンテーター。1957年生ねんうまれ。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る