連載

NEWSの窓

毎日新聞のベテラン記者たちが、政治や経済、国際問題、科学、スポーツ、メディアをテーマにやさしく解説します。

連載一覧

NEWSの窓

スポーツ 五輪に再び上野投手 静かにその時を待つエース

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
アメリカ代表(だいひょう)とのジャパンカップ決勝(けっしょう)で力投(りきとう)する上野由岐子(うえのゆきこ)投手(とうしゅ)=群馬県高崎市(ぐんまけんたかさきし)で2019年(ねん)9月(がつ)1日(ついたち) 拡大
アメリカ代表(だいひょう)とのジャパンカップ決勝(けっしょう)で力投(りきとう)する上野由岐子(うえのゆきこ)投手(とうしゅ)=群馬県高崎市(ぐんまけんたかさきし)で2019年(ねん)9月(がつ)1日(ついたち)

藤野智成ふじのともしげ 毎日新聞まいにちしんぶん 運動うんどう部長ぶちょう

 東京とうきょうオリンピック(五輪ごりん)が7がつ23にち開幕かいまくします。新型しんがたコロナウイルスの感染対策かんせんたいさくで、観客かんきゃく最大さいだい1万人まんにんまりました。開会式かいかいしき先立さきだち7がつ21にち午前ごぜんぜん33競技きょうぎ先頭せんとうってはじまるのが3大会たいかいぶりに実施じっしされるソフトボールです。

 五輪ごりんでの実施競技じっしきょうぎは、世界せかい競技きょうぎ人口じんこうやテレビ視聴率しちょうりつなどを考慮こうりょしてえられてきました。ソフトボールはヨーロッパでの普及ふきゅうおくれなどから野球やきゅうともに2008ねん北京五輪ペキンごりん最後さいごはずされました。開催都市かいさいとし地元じもとでの人気にんきまえて追加競技ついかきょうぎ提案ていあんできるしん制度せいどもとづき、東京五輪とうきょうごりん野球やきゅうともかえきました。ただ、つぎの24ねんパリ五輪ごりんではふたたはずれることがまっています。

 北京五輪ペキンごりん日本代表にっぽんだいひょうはつ優勝ゆうしょうげました。エースの上野由岐子うえのゆきこ投手とうしゅ(38)=ビックカメラ高崎たかさき=が決勝けっしょうまでの2日間ふつかかん3試合しあいいた「上野うえのの413きゅう」は流行語りゅうこうごとなり、日本にほんリーグの会場かいじょう観客かんきゃくであふれました。わたし担当たんとう記者きしゃとして北京五輪ペキンごりんとその取材しゅざいしましたが、残酷ざんこくなものです。五輪ごりん競技きょうぎからはずれると、くに補助金ほじょきん企業きぎょうスポンサーも激減げきげんし、代表だいひょう活動かつどう縮小しゅくしょう余儀よぎなくされました。今度こんどの1大会たいかいかぎりの復帰ふっきは「天国てんごく地獄じごく」の再現さいげんになりかねず、選手せんしゅ胸中きょうちゅう複雑ふくざつです。

 そんななか上野うえの投手とうしゅ五輪ごりんのマウンドにもどってきます。北京ペキン夜空よぞらひとさしゆびげた13ねんまえから、失意しついわらぬ努力どりょくで、エースのまもつづけてきました。同時どうじ変化へんかおそれません。豪速球ごうそっきゅう勝負しょうぶした過去かこ栄光えいこうをひきずらず、年齢ねんれい体力たいりょくおうじて緩急かんきゅうまじえた投球とうきゅうじゅつみがいてきました。

 コロナでの五輪ごりん開催かいさい国民こくみん賛否さんぴかれています。感染かんせんひろがれば、予定通よていどおりに試合しあいおこなえないかもしれません。観客かんきゃくわることも十分じゅうぶんかんがえられます。選手せんしゅ行動こうどう制限せいげんされ、心身しんしん調子ちょうしととのえるのはむずかしい状況じょうきょうです。ただけわしいみちのりのなか上野うえの投手とうしゅ状況じょうきょうまどわされず、適応てきおうするちからそなえました。こころおだやかに「そのとき」を上野うえの投手とうしゅ姿すがたかびます。


 1973ねん大阪府おおさかふまれ。鹿児島かごしま支局しきょくしに、運動部うんどうぶではおお相撲ずもうやラグビーを担当たんとう。オリンピック夏冬なつふゆ3大会たいかいとロンドン・パラリンピックを現地げんち取材しゅざいしました。趣味しゅみ散歩さんぽ温泉おんせんです。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る