連載

NEWSの窓

毎日新聞のベテラン記者たちが、政治や経済、国際問題、科学、スポーツ、メディアをテーマにやさしく解説します。

連載一覧

NEWSの窓

科学 アルツハイマー病 新薬開発、希望の光になるか

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
9月(がつ)21日(にち)は「世界(せかい)アルツハイマーデー」。アルツハイマー病(びょう)への理解(りかい)を深(ふか)めてもらうために各地(かくち)の名所(めいしょ)がオレンジにライトアップされる=兵庫県姫路市(ひょうごけんひめじし)の姫路城(ひめじじょう)で2020年(ねん)9月(がつ)21日(にち) 拡大
9月(がつ)21日(にち)は「世界(せかい)アルツハイマーデー」。アルツハイマー病(びょう)への理解(りかい)を深(ふか)めてもらうために各地(かくち)の名所(めいしょ)がオレンジにライトアップされる=兵庫県姫路市(ひょうごけんひめじし)の姫路城(ひめじじょう)で2020年(ねん)9月(がつ)21日(にち)

田中たなか泰義やすよし 毎日新聞まいにちしんぶん くらし医療部長いりょうぶちょう

 毎小まいしょうのみんなは、わたしたち人類じんるいほか動物どうぶつとどこがちがうとおもいますか。辞書じしょひとつ、「広辞苑こうじえん」には、人類じんるいについてこういてありました。「いちじるしく発達はったつしたのうゆうする動物どうぶつ道具どうぐつくり、言語げんご使用しようして社会生活しゃかいせいかついとなむ」

 つまり、わたしたちが、友達ともだち家族かぞく会話かいわをし、あそび、おおくのことをまな記憶きおくできるのは、とてものう発達はったつしたからです。こののうはたらきがそこなわれると、だれが友達ともだち家族かぞくなのか、自分じぶんいえがどこにあるのかもからなくなることがあります。そんな病気びょうきがアルツハイマーびょうで、おおくは高齢者こうれいしゃになって発症はっしょうします。

 病気びょうき名前なまえは、1906ねん発見はっけんしたドイツの医者いしゃアロイス・アルツハイマー博士はかせ由来ゆらいしています。博士はかせは、記憶きおく言語げんご障害しょうがいがあり、不自然ふしぜん行動こうどう患者かんじゃさんののう調しらべ、のう細胞さいぼうまわりに、ごみのような物質ぶっしつがたくさんたまっていることにづいたのです。このごみは現在げんざい専門用語せんもんようごでアミロイドベータとばれています。

 日常生活にちじょうせいかつ困難こんなんにし、人間にんげんらしさをうば病気びょうき克服こくふくしようと、世界中せかいじゅう研究者けんきゅうしゃ原因げんいんさぐり、治療ちりょうみました。その結果けっか、「病気びょうき原因げんいんはアミロイドベータではないか」とかんがえられ、アメリカの会社かいしゃ「バイオジェン」と日本にっぽん会社かいしゃ「エーザイ」が、アミロイドベータをのぞくすり「アデュカヌマブ」を開発かいはつしました。アデュカヌマブが投与とうよされたおおくの患者かんじゃさんでアミロイドベータがり、さらに記憶力きおくりょくなどの改善かいぜん一部いちぶでみられました。そこで、アメリカの食品しょくひん医薬品いやくひんきょく(FDA)が6がつくすりとして使つかうことを承認しょうにんしました。ただ、「データがまだ不十分ふじゅうぶん」というこえおおく、FDAは両社りょうしゃ追加ついか試験しけんもとめました。

 追加ついか試験しけん結果次第けっかしだいで、承認しょうにんされる可能性かのうせいはありますが、アルツハイマーびょうくわしい東京大とうきょうだい教授きょうじゅ岩坪威いわつぼたけし先生せんせいは「今回こんかい承認しょうにんは、患者かんじゃさんにとって希望きぼうひかりになります。また、原因げんいん解明かいめいつぎ新薬しんやく開発かいはつにも役立やくだちます」とはなしています。


 医学いがく地球温暖化ちきゅうおんだんか原発げんぱつなどを担当たんとう学生時代がくせいじだいはオーロラを専攻せんこうした理系人間りけいにんげん本物ほんものたくて休職きゅうしょくし、アメリカのアラスカ大学だいがく留学りゅうがく。40だいでバイオリンをはじめた。1966年岐阜市生ねんぎふしうまれ。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る