連載

毎小ニュース

最新ニュースや世界の出来事を、分かりやすく、的確にお伝えします。スクラップのための素材として最適です。

連載一覧

毎小ニュース

スポーツ 東京2020+1 サッカー男子 日本、初戦かざる 久保選手が堅守こじ開け「決めるなら自分」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
日本(にっぽん)-南(みなみ)アフリカ戦(せん)の後半(こうはん)、先制(せんせい)ゴールを決(き)める久保建英(くぼたけふさ)選手(せんしゅ)(右(みぎ))=味(あじ)の素(もと)スタジアムで22日(にち) 拡大
日本(にっぽん)-南(みなみ)アフリカ戦(せん)の後半(こうはん)、先制(せんせい)ゴールを決(き)める久保建英(くぼたけふさ)選手(せんしゅ)(右(みぎ))=味(あじ)の素(もと)スタジアムで22日(にち)

 東京とうきょうオリンピック(五輪ごりん)のサッカー男子だんし1リーグが22にちはじまりました。男子だんしは16チームが4くみかれて1リーグをおこない、各組かくくみ上位じょうい2チームが準々決勝じゅんじゅんけっしょうすすみます。Aぐみ日本にっぽんあじもとスタジアム(東京都調布市とうきょうとちょうふし)でみなみアフリカと対戦たいせんし、1―0で初戦しょせんをかざりました。おなくみのメキシコは4―1でフランスに快勝かいしょうしました。

 みなみアフリカはチームに新型しんがたコロナウイルス感染者かんせんしゃてしまい、調整ちょうせいがうまくいかず、まもりをかためてきました。後半こうはん26ぷん久保建英くぼたけふさ選手せんしゅ(20)がペナルティーエリアみぎ足元あしもとにボールをおさめると、うちんで得意とくい左足ひだりあしでゴールひだりすみにめました。「『めるなら自分じぶん』とおもっていた」というつよ気持きもちが、むすびました。

先制(せんせい)ゴールを決(き)めた後(あと)、両手(りょうて)の指(ゆび)で「K」のポーズをとる久保建英(くぼたけふさ)選手(せんしゅ)=味(あじ)の素(もと)スタジアムで22日(にち) 拡大
先制(せんせい)ゴールを決(き)めた後(あと)、両手(りょうて)の指(ゆび)で「K」のポーズをとる久保建英(くぼたけふさ)選手(せんしゅ)=味(あじ)の素(もと)スタジアムで22日(にち)

 五輪ごりんのサッカー男子だんしは、ワールドカップ(Wはい)と特色とくしょくけるため、原則げんそく23さい以下いかとする年齢ねんれい制限せいげんがあります。新型しんがたコロナのせいで1ねん延期えんきされたこん大会たいかいは、原則げんそく24さい以下いかまでみとめられています。

 久保くぼ選手せんしゅ小学しょうがく4ねんせいでスペインにわたり、バルセロナの下部組織かぶそしきそだちました。2015ねん帰国きこくしてJ1・FC東京とうきょうなどで頭角とうかくあらわし、ふたたびスペインにうつってプレー。今大会こんたいかいではとしうえ選手せんしゅたちのなかかがやきをはなっています。

  拡大
 

相次あいつ感染かんせん 「バブル」にあな

 サッカー男子だんし日本にっぽん対戦たいせんしたみなみアフリカチームは14来日らいにちしたあと選手せんしゅら3にん新型しんがたコロナの感染かんせんかり、選手せんしゅら18にん濃厚のうこう接触せっしょくしゃ感染者かんせんしゃちかくにいたひと)とされました。試合開始しあいかいし6時間じかんまえ目安めやすにした検査けんさ感染かんせんしていないことが確認かくにんされ、試合しあい開催かいさい発表はっぴょうされたのはキックオフやく2時間じかんまえでした。

  拡大
 

 こん大会たいかいは、選手せんしゅらと外部がいぶをさえぎり、あわのようにつつむ「バブル方式ほうしき」で運営うんえいされます。感染かんせんによる選手せんしゅ棄権きけん相次あいつぎ、選手村せんしゅむらはいってから感染かんせんかるケースもあり、「バブル」にあな見受みうけられています。

 また、22にち全国ぜんこくあらたに感染かんせん確認かくにんされたのは5397にんのぼり、2かげつぶりに5000にんえました。とく東京都とうきょうとは1979にんのぼり、まえしゅう木曜日もくようびから671にんえました。東京都とうきょうとでは、12にちから4度目どめ緊急事態きんきゅうじたい宣言せんげんされましたが、歯止はどめがかかっていません。

サッカー男子(だんし)のニュージーランド-韓国戦(かんこくせん)を観戦(かんせん)するためスタジアムを訪(おとず)れた子(こ)どもたち=カシマスタジアムで22日(にち) 拡大
サッカー男子(だんし)のニュージーランド-韓国戦(かんこくせん)を観戦(かんせん)するためスタジアムを訪(おとず)れた子(こ)どもたち=カシマスタジアムで22日(にち)

茨城いばらき小学生しょうがくせい「みんなのぶんまで応援おうえん

 カシマスタジアム(茨城県鹿嶋市いばらきけんかしまし)では、地元じもと小学生しょうがくせいやく1000にんが、サッカー男子だんし1リーグのニュージーランド―韓国戦かんこくせん観戦かんせんしました。新型しんがたコロナウイルスのせいでほとんどの会場かいじょう観客かんきゃくとなるなか茨城県いばらきけん全国ぜんこく唯一ゆいいつ学校がっこう連携れんけい観戦かんせんチケット」わく観戦かんせんみとめています。

 どもたちは、感染かんせんふせぐために前後左右ぜんごさゆうけてすわり、来場らいじょうできない両国りょうこくのサポーターにわって手作てづくりの国旗こっき拍手はくしゅ応援おうえん鹿嶋かしま市立しりつ三笠みかさ小学校しょうがっこうの6ねんせいは「会場かいじょうひとすくなかったけれど、わたしたちがそのぶん応援おうえんしました」とはなしました。

 この会場かいじょうでは、27にちまでに県内けんないしょう中高生ちゅうこうせいけいやく4000にん観戦かんせんする予定よていです。辞退じたいしゃやく2400にん(1ついたち現在げんざい)にのぼります。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る