連載

NEWSの窓

毎日新聞のベテラン記者たちが、政治や経済、国際問題、科学、スポーツ、メディアをテーマにやさしく解説します。

連載一覧

NEWSの窓

科学 民間企業が次々成功 今年は「宇宙旅行元年」に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

田中たなか泰義やすよし 毎日新聞まいにちしんぶん くらし医療部長いりょうぶちょう

 毎小まいしょうのみんなは「ってみたい場所ばしょは?」とかれたら、なんこたえるかな。わたしは、夜空よぞらにたくさんのほしえる田舎いなかそだち、宇宙うちゅうにあこがれました。人類じんるいはじめて宇宙うちゅうったのは60ねんまえ。まだ、宇宙旅行うちゅうりょこうはとても高額こうがくでだれでも体験たいけんできるわけではありませんが、民間企業みんかんきぎょう次々つぎつぎ参入さんにゅうし、今年ことしは「宇宙旅行うちゅうりょこうがんねん」になりそうです。

 今月こんげつ11にち宇宙旅行うちゅうりょこう目指めざすアメリカの企業きぎょうヴァージン・ギャラクティックが、飛行機ひこうきがた宇宙船うちゅうせん試験しけん飛行ひこう成功せいこうしました。大気圏たいきけん宇宙うちゅう境界きょうかい付近ふきんとなるたかやく85キロメートルまで上昇じょうしょうしました。やく70分間ぷんかん飛行ひこうちゅうには船内せんないからくろ宇宙うちゅうあおまる地球ちきゅうえ、からだかぶ無重力むじゅうりょく状態じょうたいになりました。創業者そうぎょうしゃのリチャード・ブランソンさんもり、「あたらしい宇宙うちゅう時代じだい幕開まくあけだ」とはなしました。同社どうしゃは1せき25まんドル(やく2700まんえん)で搭乗とうじょうけん販売はんばいしています。

 インターネット通信販売つうしんはんばいられるアマゾン・コムの創業者そうぎょうしゃ、ジェフ・ベゾスさんがげた企業きぎょうブルーオリジンも20はつか同社どうしゃはつ宇宙旅行うちゅうりょこう実施じっししました。たかさは100キロメートルをえ、無重力むじゅうりょく体験たいけんし、げからやく10ぷん、パラシュートで着陸ちゃくりくしました。当初とうしょ搭乗とうじょう予定よていしゃはオークションで2800まんドル(やく31おくえん)で参加さんかけんひとでしたが、予定よていわず見送みおくられました。しかし、9がつから大学生だいがくせいになるオランダのオリバー・デーメンさん(18)、もと宇宙飛行士うちゅうひこうし候補こうほのウォリー・ファンクさん(82)がベゾスさんらと参加さんかしました。同社どうしゃは「史上しじょうさいねんしょう最高齢さいこうれい宇宙飛行うちゅうひこう」と説明せつめいしています。

 電気自動車でんきじどうしゃ開発かいはつするアメリカのテスラしゃひきいるイーロン・マスクさんも10がつにも民間人みんかんじん4にん地球ちきゅう周回しゅうかいさせる計画けいかくです。

 ところで、日本にっぽん宇宙航空研究開発機構うちゅうこうくうけんきゅうかいはつきこう(JAXA)はこのあき宇宙飛行士うちゅうひこうし募集ぼしゅうはじめる予定よていです。そのつき探査たんさへのニーズをまえ、5ねんに1募集ぼしゅうするそうです。宇宙うちゅうはますます身近みぢか存在そんざいになりますね。


 医学いがく地球温暖化ちきゅうおんだんか原発げんぱつなどを担当たんとう学生時代がくせいじだいはオーロラを専攻せんこうした理系人間りけいにんげん本物ほんものたくて休職きゅうしょくし、アメリカのアラスカ大学だいがく留学りゅうがく。40だいでバイオリンをはじめた。1966年岐阜市生ねんぎふしうまれ。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る