連載

疑問氷解

読者から寄せられた身の回りの素朴な疑問、もやもやしていることについて、記者が取材しお答えします。これであなたもすっきり!?

連載一覧

疑問氷解

ばんそうこうを貼ると、本当に早く治るのですか

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
え・内山大助
え・内山大助

 Q ばんそうこうをると、本当ほんとうはやなおるのですか。(岡山県おかやまけんしょう5)

パッドがきずおおうるおたも治療法ちりょうほう

 A みなさんが「ばんそうこう」といてあたまおもかべるのは、茶色ちゃいろ透明とうめいちいさいテープに、ガーゼのようなパッドがいたものではないでしょうか。これは、正式せいしきには「救急きゅうきゅうばんそうこう」といいます。ばんそうこうとは、じつひとからだるテープるい言葉ことばで、病院びょういん使つかうようなロールじょうのテープなどもふくまれます。

 家庭かてい学校がっこう保健室ほけんしつでよくかけるパッドきの救急きゅうきゅうばんそうこうは、医薬品医療機器法いやくひんいりょうききほう薬機法やっきほう)といわれる法律ほうりつによって「一般医療機器いっぱんいりょうきき」に分類ぶんるいされます。

 日本にっぽんでこのタイプのばんそうこうをもっとおおっているニチバン広報宣伝部こうほうせんでんぶ坂上さかがみ秀翁ひでおさんによると「歴史れきしふるく、海外かいがいでは大正時代たいしょうじだいにすでに製造せいぞうされていました。日本にっぽんではパッドがないテープ・ロールじょうの『ばんそうこう』が第二次世界大戦だいにじせかいたいせんまえからありましたが、パッドきの一般的いっぱんてき救急きゅうきゅうばんそうこうは戦後せんごになってつくられました」とのこと。ほかにもさまざまなメーカーが製造せいぞう販売はんばいしています。

 「本当ほんとうはやなおるのですか」という質問しつもんへのこたえですが、一般医療機器いっぱんいりょうききにあたる救急きゅうきゅうばんそうこうに、その効果こうかかれていません。「きずはやくきれいになおす」などとはこいてあるばんそうこうは、薬機法やっきほうで「管理医療機器かんりいりょうきき」に分類ぶんるいされていて、「モイストヒーリング(湿潤療法しつじゅんりょうほう)」という治療ちりょう使つかわれます。

 湿潤療法しつじゅんりょうほうとは、傷口きずぐちかわかさずうるおいをたもってはやくきれいになお方法ほうほうです。この治療法ちりょうほう使つかうばんそうこうは、きず自然しぜんなおすためにできるかさぶたのわりに、特殊とくしゅ素材そざいのパッドが傷口きずぐちから透明とうめい液体えきたい体液たいえき)を吸収きゅうしゅうし、きずうるおすことでなおします。この体液たいえきにはきず修復しゅうふくするはたらきがあるからです。2000年代ねんだいなかばに日本にっぽんでも販売はんばいされるようになったもので、薬機法やっきほうで「きずはやなおる」と表示ひょうじみとめられているばんそうこうです。

 このタイプを使つか場合ばあい、まずきずみずながしてよごれをります。ちいさなきずくつずれなどであればきずあらったあと消毒しょうどくせずにばんそうこうをって大丈夫だいじょうぶです。はやくきれいになおり、いたみもすくなくなるそうです。ただし「ふかきずおおきなきずは、はやめに病院びょういんくようにしてください」と坂上さかがみさんははなします。ばんそうこうのサイズには制限せいげんもあり、あまりおおきなきずには対応たいおうできません。きず状態じょうたいて、判断はんだんするといいでしょう。【田村彰子たむらしょうこ

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る