連載

毎小ニュース

最新ニュースや世界の出来事を、分かりやすく、的確にお伝えします。スクラップのための素材として最適です。

連載一覧

毎小ニュース

スポーツ 東京2020+1 ソフトボール 日本、13年ごし連覇 上野投手が締めくくり

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ソフトボール決勝(けっしょう)で優勝(ゆうしょう)を決(き)めて喜(よろこ)ぶ上野由岐子(うえのゆきこ)投手(とうしゅ)(中央(ちゅうおう))ら=横浜(よこはま)スタジアムで27日(にち) 拡大
ソフトボール決勝(けっしょう)で優勝(ゆうしょう)を決(き)めて喜(よろこ)ぶ上野由岐子(うえのゆきこ)投手(とうしゅ)(中央(ちゅうおう))ら=横浜(よこはま)スタジアムで27日(にち)

 東京とうきょうオリンピック(五輪ごりんだい5にちの27にち、ソフトボールの決勝けっしょう横浜よこはまスタジアム(神奈川県横浜市かながわけんよこはまし)でおこなわれ、日本にっぽんがアメリカを2―0でやぶり、きんメダルにかがやきました。日本にっぽんは2008ねん北京五輪ペキンごりんきんメダルをりましたが、ソフトボールが実施競技じっしきょうぎからはずれていたため、13ねんごしの連覇れんぱとなりました。

 日本にっぽん今大会こんたいかい、21にち福島県ふくしまけんおこなわれた初戦しょせんでエースの上野由岐子うえのゆきこ投手とうしゅ(39)が先発せんぱつ北京五輪ペキンごりんおな相手あいてとなった決勝けっしょうのマウンドも、先発せんぱつ上野うえの投手とうしゅでした。六回ろっかい途中とちゅう後藤ごとう希友みう投手とうしゅ(20)に交代こうたいしましたが、ななかいからふたた登板とうばんし、アメリカに得点とくてんゆるさず、2てんのリードをまもりました。

四回表(よんかいおもて)、渥美(あつみ)万奈(まな)選手(せんしゅ)が内野(ないや)への打球(だきゅう)で一塁(いちるい)にヘッドスライディングして先制(せんせい)打(だ)に 拡大
四回表(よんかいおもて)、渥美(あつみ)万奈(まな)選手(せんしゅ)が内野(ないや)への打球(だきゅう)で一塁(いちるい)にヘッドスライディングして先制(せんせい)打(だ)に

 「福島ふくしまでも横浜よこはまスタジアムでもこの13年間ねんかんおもいを一球いっきゅう一球いっきゅうにしっかりめてげることができた」と上野うえの投手とうしゅ。ソフトボールは次回じかい24ねんパリ五輪ごりんふたた実施競技じっしきょうぎからはずれますが、主将しゅしょう山田恵里やまだえり選手せんしゅ(37)は「今回こんかいわらせることなく、ソフトボールをもっとげていきたい」とかたりました。


五(ご)回(かい)表(おもて)、ライト前(まえ)に2点目(てんめ)のタイムリーヒットを放(はな)つ藤田倭(ふじたやまと)選手(せんしゅ) 拡大
五(ご)回(かい)表(おもて)、ライト前(まえ)に2点目(てんめ)のタイムリーヒットを放(はな)つ藤田倭(ふじたやまと)選手(せんしゅ)

日本にっぽんのメダルすう

 金10 銀3 銅5

 大会第たいかいだい5日終了時点にちしゅうりょうじてん

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る