連載

毎小ニュース

最新ニュースや世界の出来事を、分かりやすく、的確にお伝えします。スクラップのための素材として最適です。

連載一覧

毎小ニュース

話題 神戸のタンタン、支える飼育員 26回目の誕生日

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
おいしそうにササを食(た)べるタンタン。左下(ひだりした)にあるのが、検査(けんさ)のために毛(け)の一部(いちぶ)をそった「おハゲ」 拡大
おいしそうにササを食(た)べるタンタン。左下(ひだりした)にあるのが、検査(けんさ)のために毛(け)の一部(いちぶ)をそった「おハゲ」

 兵庫県ひょうごけん神戸市立王子動物園こうべしりつおうじどうぶつえんのジャイアントパンダのタンタン(メス)は16にちが26かい誕生日たんじょうびです。中国ちゅうごくへの返還へんかんまっているものの、新型しんがたコロナウイルスの影響えいきょう帰国きこくのめどがたないうちに、今年ことし4がつには心臓しんぞう病気びょうきかかえていることがわかりました。飼育しいくいん今日きょうもタンタンの体調たいちょうづかいながらささつづけています。【長尾ながお真希子まきこ

 タンタンは、1995ねん発生はっせいした阪神大震災はんしんだいしんさいの「復興ふっこうのシンボル」として2000ねん神戸こうべにやってきました。コロンとした体形たいけい優雅ゆうがなしぐさから「神戸こうべのお嬢様じょうさま」の愛称あいしょう市民しみんしたしまれてきました。

 そんなあいらしいタンタンですが、人間にんげんでいえば、70さいだい高齢こうれいです。今年ことしはいり、心臓しんぞう筋肉きんにくうごきがにぶくなり、食欲しょくよくおとろえました。からだがだるいのか、ている時間じかんえました。また心臓しんぞうのめぐりがわるくなったことで、からだがむくみ、体重たいじゅうやく20キログラムもえたそうです。

飼育(しいく)員(いん)の梅元(うめもと)良次(りょうじ)さん 拡大
飼育(しいく)員(いん)の梅元(うめもと)良次(りょうじ)さん

 そこでてきたのが、くすりをどうやってませるかという問題もんだいです。大好だいすきなリンゴやブドウのなかくすりかくしても、グルメなタンタンはあじ変化へんかづいて、すうじつべなくなりました。「くすりくだいてシャーベットにしたり、マンゴーやスイカといったあまいフルーツのなかぜたりしてもべてくれませんでした」とタンタン担当たんとうれき13ねん梅元うめもと良次りょうじさん(39)は苦笑くしょうします。

ジュースでおくすり

 ある、タンタンがサトウキビがきだったことをおもした梅元うめもとさん。くだいたくすりをサトウキビジュースにれてあげてみたところ、ペロペロと上手じょうずした使つかってなめてくれたといいます。「ジュースをむというのは、おおきな発見はっけんでしたね。サトウキビにきたら、べつのジュースで挑戦ちょうせんしてみようとおもいます」

 現在げんざい、タンタンのからだには、一部いちぶをそったやく10かしょの「おハゲ」があります。これは、タンタンがエコーや心電図しんでんずなどの検査けんさ頑張がんばってけている証拠しょうこですが、ときには気分きぶんらないときもあるそうです。そんなときは、リンゴをごほうびにして「根比こんくらべ」をしつつ、タンタンのペースをやさしく見守みまもっています。

毎日まいにちすこやかに

 タンタンの体調たいちょうかんがえて、今年ことしれいねんのような盛大せいだい誕生日たんじょうびかいひらきませんが、全国ぜんこくどもたちからおくられてくる手紙てがみにみんなはげまされているといいます。

 「心臓病しんぞうびょう一度いちど発症はっしょうすると、なおらない病気びょうきです。でもくすりをあげることによって、いま状態じょうたい維持いじすることはできる。タンタンには、いちにちいちにちすこやかにごしてほしいです」

 飼育しいくいんいのちあずかるという責任せきにんともな仕事しごとだと梅元うめもとさん。「ただ、ゆびをくわえてているわけにはいかない。最期さいごまでタンタンが安心あんしんしてゆったりごせる場所ばしょつくってあげたい」

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る