連載

スポットライト

映画や新刊などで注目される俳優や作家さんたちに光を当て、作品や子ども時代について聞きます。

連載一覧

スポットライト

作家・奥田実紀さん タータンは魔法の柄

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
奥田(おくだ)さんが巻(ま)いているマフラーは、小学(しょうがく)3年(ねん)生(せい)をイメージしてデザインされたタータン。6色(しょく)の格子(こうし)を織(お)り込(こ)んで作(つく)られたオリジナルタータンです=本人(ほんにん)提供(ていきょう) 拡大
奥田(おくだ)さんが巻(ま)いているマフラーは、小学(しょうがく)3年(ねん)生(せい)をイメージしてデザインされたタータン。6色(しょく)の格子(こうし)を織(お)り込(こ)んで作(つく)られたオリジナルタータンです=本人(ほんにん)提供(ていきょう)

 おしゃれに目覚めざめる小学生しょうがくせいどもたちにけて、タータンチェックづくしの絵本えほん「すてきなタータンチェック」が出版しゅっぱんされました。タータンの歴史れきし定義ていぎをやさしくときあかし、スコットランドなどをめぐるタータンのたびたのしめます。文章ぶんしょう担当たんとうした作家さっかでタータン研究けんきゅう奥田実紀おくだみきさんに、その魅力みりょくきました。【木谷きたに朋子ともこ

 Q タータンをテーマにほんこうとおもったきっかけはなんですか。

 奥田おくださん 「赤毛あかげのアン」のだいファンで、舞台ぶたいとなったカナダのプリンスエドワードとうに1ねんほどんだときしま公式こうしきタータンのことをりました。もっとタータンについてりたいとおもったところ、日本語にほんごほんがなかったので、英語えいごほんをたくさんせて調しらべました。とてもおくふかく、歴史れきしかかわっている壮大そうだいなストーリーに感動かんどうしました。タータンのことをおおくの日本人にっぽんじんつたえたいとおもったのがきっかけです。

 Q いつからタータンをきになったのですか。

 奥田おくださん ちいさいころからちがいも種類しゅるいとかもからないのに、なぜかチェック(格子こうしがら大好だいすきでした。小学生しょうがくせいのころ、タータンをていたロックバンドのベイ・シティ・ローラーズにはまり、その日本にっぽんでもロックバンドのチェッカーズがてきて、当然とうぜん、はまりました(わらい)。

「すてきなタータンチェック」(奥田実紀(おくだみき)・文(ぶん)/穂積和夫(ほづみかずお)・絵(え)/福音館書店(ふくいんかんしょてん)/1430円(えん)) 拡大
「すてきなタータンチェック」(奥田実紀(おくだみき)・文(ぶん)/穂積和夫(ほづみかずお)・絵(え)/福音館書店(ふくいんかんしょてん)/1430円(えん))

 Q タータンのどこに魅力みりょくかんじたのですか。

 奥田おくださん タータンとは、いと交差こうささせてできるシンプルなかたからできる格子こうしがらのことです。ルールをふまえれば、いろ種類しゅるいはばわせは無限むげんにあり、それがわたしには魔法まほうのようにおもえます。どもから大人おとなまでだれもがられて、伝統でんとうてき部分ぶぶんと、あたらしさをそなえ、なんにでもわせられる自由じゆうさ、おもしろさがあります。流行りゅうこうにも左右さゆうされません。タータンをていれば、まちがいないという安心感あんしんかんもあります。

 Q スコットランドではどんなときていますか。

 奥田おくださん どんなときでもます。結婚式けっこんしきときに、由緒ゆいしょある家柄いえがら新郎新婦しんろうしんぷなら、自分じぶんいえがらのタータンをにつけています。卒業式そつぎょうしき、パーティーなどでもますし、ふだんからひともたくさんいます。シャツやズボン、スカート(男性だんせいはキルトとびます)など、いろいろです。どももおなじです。

 Q 日本にっぽん小学生しょうがくせいでもたのしめるタータンはありますか。

 奥田おくださん 商品しょうひんされているものだと、「ハローキティ」や「ぽすくま」などのタータンがあります。タータンは種類しゅるいおおいですし、自分じぶんでもつくれます。きながらをぜひさがしてみてください。


「すてきなタータンチェック」(奥田実紀おくだみきぶん穂積和夫ほづみかずお福音館書店ふくいんかんしょてん/1430えん

 洋服ようふくやハンカチ、かさ、くつした、文房具ぶんぼうぐ……。わたしたちの身近みぢかにはタータンチェックのものがたくさんあります。スコットランドまれのこのがらが、どうして世界中せかいじゅうあいされるようになったのか。その歴史れきしからかします。


 1966ねんまれ、宮城県みやぎけん出身しゅっしん。タータンのほか、「赤毛あかげのアン」、ファンタジー、国産こくさん紅茶こうちゃなど、さまざまなテーマで執筆しっぴつしています。おも著書ちょしょに「スコットランド タータンチェック紀行きこう」があります。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る