連載

江戸東京見本帳

江戸時代からのものづくりの技と伝統を、記者が老舗の工房を訪ねて紹介します。組紐、ガラス細工、紅など……驚きの世界です。

連載一覧

江戸東京見本帳

熊手 福をかき込む縁起物

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
宝船(たからぶね)に見立(みた)てた、よし田(だ)の「宝船熊手(たからぶねくまで)」
宝船(たからぶね)に見立(みた)てた、よし田(だ)の「宝船熊手(たからぶねくまで)」

 あさゆうめっきりむようになりました。サクラやイチョウの地面じめんおおうこの季節きせつかきでにするのは、たけでできた、おおきなのような道具どうぐです。「熊手くまで」といます。

 掃除そうじよう熊手くまであつめるのはですが、「縁起物えんぎもの」の熊手くまでがかきむのは「ふく」や「うん」。「かっこめ(かきむ)」や「はっこめ(む)」ともばれる縁起えんぎ熊手くまでは、七福神しちふくじんといった伝統でんとうてき縁起物えんぎものからいまどきの人気にんきキャラクターまで、おめでたいものづくしでかざられ、各地かくちひらかれる「とりいち」でされます。

「江戸自慢(えどじまん)三十六興(さんじゅうろくきょう) 酉(とり)の丁(ちょう)銘物(めいぶつ)くまで」広重(ひろしげ)、豊国(とよくに)=国立国会図書館(こくりつこっかいとしょかん)デジタルアーカイブより 拡大
「江戸自慢(えどじまん)三十六興(さんじゅうろくきょう) 酉(とり)の丁(ちょう)銘物(めいぶつ)くまで」広重(ひろしげ)、豊国(とよくに)=国立国会図書館(こくりつこっかいとしょかん)デジタルアーカイブより

 「商売繁盛しょうばいはんじょう家内安全かないあんぜん。みなさまの健康けんこういのってー」

 熊手くまでいがまるおさまりみな今後こんごいわ意味いみめ、ごえと、三三七拍子さんさんななびょうし拍手はくしゅひびきます。この三本締さんぼんじめの「手締てじめ」は、とりいち名物めいぶつです。さくねんはコロナ飛沫ひまつ防止ぼうしごえ禁止きんしになりましたが、いちねんいち、おきゃくあらたに熊手くまでえ、らいねんとりいちまで自分じぶんみせいえでおふだのようにたか位置いちかざります。

鷲神社おおとりじんじゃとりいち

熊手(くまで)が並(なら)ぶ酉(とり)の市(いち)の露店(ろてん)の一つ。売(う)れるたび、威勢(いせい)のいい掛(か)け声(ごえ)と、祝(いわ)いの手締(てじ)めが響(ひび)きます=鷲神社(おおとりじんじゃ)の酉(とり)の市(いち)で、2014年(ねん)撮影(さつえい) 拡大
熊手(くまで)が並(なら)ぶ酉(とり)の市(いち)の露店(ろてん)の一つ。売(う)れるたび、威勢(いせい)のいい掛(か)け声(ごえ)と、祝(いわ)いの手締(てじ)めが響(ひび)きます=鷲神社(おおとりじんじゃ)の酉(とり)の市(いち)で、2014年(ねん)撮影(さつえい)

 東京とうきょう浅草あさくさはずれにある「おおとり神社じんじゃ」では霜月しもつき11がつころ江戸えどまちとし到来とうらいげる「とりいち」がひらかれます。今年ことしは、11がつ9ここのかの「いちとり」と、21にちの「とり」の2かいです。江戸時代えどじだいはじまり、途絶とだえることなくとりいちつづくのは2かしょだけ。そのうちのひとつがおおとり神社じんじゃ最大規模さいだいきぼほこります。当日とうじつは、やく160もの熊手くまでてん所狭ところせましと露店ろてんかまえ、うちわほどのごろなものや、オフィスにかざ巨大きょだいなものまで、露店ろてんないくします。普段ふだんはビルにもれて目立めだたないおおとり神社じんじゃ境内けいだいが、熊手くまで迷路めいろのようになります。

 熊手くまでかたちや「おもちゃ」とばれるかざものみせによってさまざま。まいとし流行りゅうこうれた熊手くまで話題わだい一方いっぽうで、むかしからつたわる素材そざい手法しゅほうまもつづけるみせもあります。神社じんじゃちかくに工房こうぼうかまえる「宝船たからぶね熊手くまで・よし」です。

すべて手描てが

 七福神しちふくじん宝船たからぶねたい小判こばん巾着きんちゃく蓑笠みのかさなど、竹串たけぐし絵柄えがらかみったおもちゃは、ひとひとつが手作てづくり。かみ型抜かたぬき、竹串たけぐしにのりけ、輪郭りんかくえがく「すじき」や、あざやかな色絵いろえによるけまで、分業ぶんぎょうしながら完成かんせいさせていきます。おとずれたこのも5にん女性じょせいが「かるさん」をひとひとつていねいにふでえがいていました。

宝船(たからぶね)の帆(ほ)を背(せ)におもちゃを土台(どだい)に配置(はいち)していく4代目(だいめ)の吉田京子(よしだきょうこ)さん。この宝船熊手(たからぶねくまで)は五寸(ごすん)の大(おお)きさ 拡大
宝船(たからぶね)の帆(ほ)を背(せ)におもちゃを土台(どだい)に配置(はいち)していく4代目(だいめ)の吉田京子(よしだきょうこ)さん。この宝船熊手(たからぶねくまで)は五寸(ごすん)の大(おお)きさ

 「赤物あかもの」ともばれるよし熊手くまでは、あか際立きわだあかるくはなやか。4代目だいめ吉田よしだ京子きょうこさん(64)は「縁起物えんぎものですからね。七福神しちふくじんもにっこりとわらったようなおかお仕上しあげます」。やわらかで愛嬌あいきょうのある面相めんそうは、たしかにひと笑顔えがおにします。最初さいしょ先代せんだいからつたわる見本みほんながら、やがてはないでも、伝来でんらい絵柄えがらけるようになるのだそうです。

門松かどまつ再利用さいりよう

青竹(あおだけ)を切(き)り持(も)ち手(て)に。手(て)のひらのような「爪(つめ)」と合体(がったい)し土台(どだい)を作(つく)ります 拡大
青竹(あおだけ)を切(き)り持(も)ち手(て)に。手(て)のひらのような「爪(つめ)」と合体(がったい)し土台(どだい)を作(つく)ります

 熊手くまでづくりは一年いちねんがかりです。とりいちわると、よくねんあきけた作業さぎょうはじまります。

 しんねん仕事しごとはまず、たけりから。門松かどまつ使つかわれた縁起えんぎのいいたけ再利用さいりようして、熊手くまでつめやおもちゃの竹串たけぐしよう加工かこうし、乾燥かんそうさせます。あきには熊手くまで土台どだいになる青竹あおだけ適当てきとうおおきさにり、のひらのような「つめ」とワラをけ、げます。こうしたちから仕事しごと男衆おとこしゅ役割やくわりです。一方いっぽういちねんとおしてこつこつつくってきたおもちゃは、しナイフで竹串たけぐしさきけずり、土台どだいしていきます。熊手くまで中心ちゅうしんえるのは、おもちかたちをした「おそなえ」です。これは神棚かみだなのような存在そんざいなのだそうです。中央ちゅうおう七福神しちふくじん、そのほか左右対称さゆうたいしょうになるようにおもちゃを配置はいちします。

伝統でんとうまも唯一無二ゆいいつむに

いろいろな大(おお)きさの宝船熊手(たからぶねくまで)。定番(ていばん)は二寸(にすん)、三寸(さんすん)、五寸(ごすん)、六寸(ろくすん)で、さらに一尺(いっしゃく)(写真(しゃしん)上(うえ))を超(こ)える特注品(とくちゅうひん)も。サイズの大(おお)きい物(もの)ではほかのおもちゃで隠(かく)れている「お餅(もち)」が、二寸(にすん)以下(いか)では表(おもて)に出(で)てきます 拡大
いろいろな大(おお)きさの宝船熊手(たからぶねくまで)。定番(ていばん)は二寸(にすん)、三寸(さんすん)、五寸(ごすん)、六寸(ろくすん)で、さらに一尺(いっしゃく)(写真(しゃしん)上(うえ))を超(こ)える特注品(とくちゅうひん)も。サイズの大(おお)きい物(もの)ではほかのおもちゃで隠(かく)れている「お餅(もち)」が、二寸(にすん)以下(いか)では表(おもて)に出(で)てきます

 かたちもデザインも創業そうぎょう当時とうじからできるだけえず、先代せんだい手本てほん代々だいだい大切たいせついできた宝船たからぶね熊手くまで・よしいまでは唯一無二ゆいいつむに熊手くまでになりました。いちねんをかけてつくった熊手くまでは、ねんいちおおとり神社じんじゃとりいちあいだだけ販売はんばいします。たけかみとワラという材料ざいりょうもシンプルなら、るのもねんいちおおとり神社じんじゃのみといういさぎよさです。

 「うちの基本きほんさくねんおなじものをつくることです。すべて手作てづくり、手描てがきなので、つくれるかずには限界げんかいがあります。まいとしわらない熊手くまでもとめていただくおきゃくさんに、ねんいちえるのがたのしみです」

 午前ごぜん0、「どどーん」とひび一番太鼓いちばんだいこ合図あいずおおとり神社じんじゃとりいちまくけ、24時間じかん午前ごぜん0まで昼夜ちゅうや途切とぎれることなくつづきます。熊手くまで職人しょくにんたちにとって、いちねんもっといそがしくて、でもどおしいが、もなくやってきます。【ぶんもり忠彦ただひこ写真しゃしん宮本みやもと明登あきのり

 ●おおとり神社じんじゃ

鷲神社(おおとりじんじゃ)は「なでおかめ」も有名(ゆうめい)。大(おお)きな「おかめ」の面(めん)をなでるとご利益(りやく)があるとされる。おかめは「青物(あおもの)」と呼(よ)ばれる種類(しゅるい)の熊手(くまで)では必須(ひっす)の飾(かざ)り物(もの) 拡大
鷲神社(おおとりじんじゃ)は「なでおかめ」も有名(ゆうめい)。大(おお)きな「おかめ」の面(めん)をなでるとご利益(りやく)があるとされる。おかめは「青物(あおもの)」と呼(よ)ばれる種類(しゅるい)の熊手(くまで)では必須(ひっす)の飾(かざ)り物(もの)

 祭神さいじん天日鷲命あめのひわしのみこと日本武尊やまとたけるのみこと。「おとりさま」の愛称あいしょうしたしまれています。東国とうごく征討せいとうした日本武尊やまとたけるのみこと勝利しょうりのおれい熊手くまでをここに奉納ほうのうしたのが11がつとりだった――という伝説でんせつにちなんでひらかれる「とりいち」は、江戸時代えどじだいなかごろにはおこなわれていたという記録きろくがありますが、現在げんざいのようなにぎやかな姿すがたになったのは戦後せんごになってからとされます。今年ことしとりは2かいですが、3かいあるときは「さんとり」までひらかれます。


 ◆よし

1937(昭和(しょうわ)12)年(ねん)の「酉(とり)の市(いち)」で 拡大
1937(昭和(しょうわ)12)年(ねん)の「酉(とり)の市(いち)」で

 ●「宝船たからぶね熊手くまで よし

東京都台東区千束とうきょうとたいとうくせんぞく3の20の25

電話でんわ 03・3874・3096

https://www.facebook.com/asakusa.yoshida/

https://www.instagram.com/asakusa_yoshida/

 たかところでの作業さぎょう専門せんもんとする「とびしょく」だった初代しょだいが、いた時間じかん使つかって熊手くまでづくりをはじめたのが昭和しょうわはじめ。その、2代目だいめ秀吉ひできちて、3代目だいめ啓子けいこさん、そのむすめで4代目だいめ京子きょうこさん、5代目だいめ京子きょうこさんの息子むすこ忠彦ただひこさん(38)といできました。今年ことしで100さいになったおお女将おかみ啓子けいこさんは、とりいちでも「レジェンドてき存在そんざい」(京子きょうこさん)。その心意気こころいき家族かぞく全員ぜんいんがれているようです。さくねんは、コロナ来場らいじょうできない人向ひとむけに、事前予約じぜんよやく配送販売はいそうはんばいも。とりいち終了しゅうりょうに、いち熱気ねっきった熊手くまでとどけました。


 次回じかいの「江戸東京えどとうきょう見本帳みほんちょう」は11がつ23にち一部地域いちぶちいきは24)に掲載けいさいします。ウェブサイト「TheMainichi」では連載れんさい一部いちぶ英語えいごめます。

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る