連載

毎小ニュース

最新ニュースや世界の出来事を、分かりやすく、的確にお伝えします。スクラップのための素材として最適です。

連載一覧

毎小ニュース

政治 知ることから始めよう 「こども庁」や基本法を議論

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
子(こ)どもの権利条約(けんりじょうやく)などについて話(はな)し合(あ)う小中学生(しょうちゅうがくせい)=神奈川県川崎市(かながわけんかわさきし)で7日(なのか) 拡大
子(こ)どもの権利条約(けんりじょうやく)などについて話(はな)し合(あ)う小中学生(しょうちゅうがくせい)=神奈川県川崎市(かながわけんかわさきし)で7日(なのか)

 11がつ20はつかは、どもの権利けんりまもるために行動こうどうする「世界せかいどもの」です。政府せいふは、どもの支援しえん専門的せんもんてき担当たんとうするくに役所やくしょ「こどもちょう」をあらたにつくることを検討けんとうしています。「世界せかいどもの」をひかえ、神奈川県川崎市かながわけんかわさきし小中学生しょうちゅうがくせいらがどもの権利けんりや「こどもちょう」についてはないました。

 「世界せかいどもの」は国際連合こくさいれんごう国連こくれん)が1954ねんさだめ、89ねんにはどもの権利けんりさだめる世界共通せかいきょうつうのルール「どもの権利条約けんりじょうやく」が採択さいたくされたです。条約じょうやくひろってもらおうと、どもにかかわる団体だんたいなどが6むいかから7なのかにかけて川崎市かわさきしで「どもの権利条約けんりじょうやくフォーラム」をひらき、7なのかに「こどもちょう」や「ども基本法きほんほう」をテーマにした分科会ぶんかかいがありました。

 分科会ぶんかかいでは、ども支援団体しえんだんたい「セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン」の西崎にしざきめぐみさんが、このテーマをめぐる現状げんじょう説明せつめいしました。どもにかんする仕事しごとは、学校がっこう文部科学省もんぶかがくしょう保育園ほいくえん学童保育がくどうほいく厚生労働省こうせいろうどうしょうなどと担当たんとうかれていて、どもを専門せんもん担当たんとうする役所やくしょがありません。また、日本にっぽん条約じょうやく批准ひじゅん国内こくない正式せいしきれて実行じっこうすること)していますが、どもの権利けんりまもることをきちんとさだめた法律ほうりつがありません。

 岸田文雄きしだふみお総理大臣そうりだいじんは「こどもちょう」をつくるための法律ほうりつ来年らいねん国会こっかいかんがえで、専門家せんもんか会議かいぎもうけて検討けんとうすすめています。フォーラムをひらいたひとたちは、役所やくしょだけではなく、どもの権利けんりまも総合的そうごうてき法律ほうりつども基本法きほんほう」や、どもの権利けんりまもられているかどうかを確認かくにんする仕組しくみをつくることももとめています。

自分じぶんこえげる

 分科会ぶんかかい参加者さんかしゃは、会場かいじょうとオンラインでグループにかれ、どもや大人おとなとして自分じぶんができることなどについてはないました。会場かいじょう小中学生しょうちゅうがくせい4にんのグループは、どもの権利条約けんりじょうやくらないひとおおいとくちをそろえました。小学しょうがく6ねん波田野はたのゆうさん(東京都とうきょうと)は「テストにないに関係かんけいなく、自分じぶんたちの権利けんり理解りかいする必要ひつようがある。まなんだことからかんがえをひろげて、相手あいてつたえたり、自分じぶんこえげたりすることができる」とかたりました。

 はないをまとめた中学ちゅうがく2ねん今川いまがわつかささん(埼玉県さいたまけん)は、「そもそもどもの権利けんりがあることをらないどもがわたしまわりには結構けっこういて、どもの権利けんりまもられるということをひろげていくためにも、『こどもちょう』やども基本法きほんほうをぜひつくっていただきたいです」とうったえました。【木村健二きむらけんじ

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る