連載

毎小ニュース

最新ニュースや世界の出来事を、分かりやすく、的確にお伝えします。スクラップのための素材として最適です。

連載一覧

毎小ニュース

科学 その薬はかぜにきく?

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 さむさがし、かぜをひきやすい季節きせつになりました。かぜをはやなおそうとくすりむこともありますが、そのくすり本当ほんとう必要ひつようでしょうか。必要ひつようのないくすりむと、くすりがききにくくなったり、きかなくなったりすることがあります。

 くすりがきかなくなることを薬剤耐性やくざいたいせいといいます。薬剤耐性菌やくざいたいせいきんえると、抗菌薬こうきんやく抗生物質こうせいぶっしつ)をんでもなおりにくかったり、なおらなかったりします。また、手術しゅじゅつをするとき術後じゅつご感染症かんせんしょうふせぐために抗菌薬こうきんやく使つかいますが、薬剤耐性菌やくざいたいせいきんっていると抗菌薬こうきんやくんでも予防よぼうにならず、手術しゅじゅつができなくなることがあります。

ウイルスにはきかない

 薬剤耐性菌やくざいたいせいきんえる原因げんいんひとつは、必要ひつようないとき抗菌薬こうきんやくむことです。その代表だいひょうれいはかぜです。感染症かんせんしょう原因げんいんとなるのは細菌さいきんやウイルスですが、抗菌薬こうきんやく細菌さいきんをやっつけるためのくすりなので、ウイルスが原因げんいんとなるかぜやインフルエンザにはききません。抗菌薬こうきんやくむといつも薬剤耐性菌やくざいたいせいきんえるわけではありませんが、抗菌薬こうきんやく使つか機会きかいおおいと、耐性菌たいせいきんえる可能性かのうせいたかまります。

 国立国際医療研究こくりつこくさいいりょうけんきゅうセンター病院びょういんAMR(薬剤耐性やくざいたいせい臨床りんしょうリファレンスセンターの情報じょうほう教育支援きょういくしえん室長しつちょう藤友ふじとも結実子ゆみこさんは「どもは大人おとなくらべるとねつることがおおいので、抗菌薬こうきんやくされる機会きかいおお注意ちゅうい必要ひつようです。抗菌薬こうきんやく本当ほんとう必要ひつようとき必要ひつようりょう使つかうことが大事だいじです」とはなします。

 抗菌薬こうきんやく必要ひつよう診断しんだんされ、された場合ばあいは、医師いし指示しじにしたがい、途中とちゅうでやめたりせず最後さいごまでむことが重要じゅうようです。くすりされないと不安ふあんかもしれませんが、医師いし抗菌薬こうきんやくはいらないと判断はんだんしたらそれにしたがいます。抗菌薬こうきんやくは、それぞれのひと病状びょうじょうわせてされます。自分じぶんされた抗菌薬こうきんやくをとっておいたり、ひとにあげたり、もらったりするのはやめましょう。

手洗てあらいの習慣しゅうかん

 「抗菌薬こうきんやく使つかわないためには、なるべく感染症かんせんしょうにかからないことです。ごろから、いえかえってきたときやごはんまえ、トイレのあとなど、あら習慣しゅうかんをつけてください」

 2013ねんには、薬剤耐性菌やくざいたいせいきんによって世界せかいねんかんやく70万人まんにん死亡しぼうしたとされました。国連こくれんは19ねん4がつ、このままなに対策たいさくをとらなければ、50ねんまでに世界せかい年間ねんかん1000万人まんにん死亡しぼうするおそれがあると警告けいこくしました。日本にっぽんではまいとし11がつを「薬剤耐性やくざいたいせい対策たいさく推進すいしん月間げっかん」とさだめて、薬剤耐性菌やくざいたいせいきんやさないための対策たいさくすすめています。【篠口しのぐち純子じゅんこ

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る