連載

NEWSの窓

毎日新聞のベテラン記者たちが、政治や経済、国際問題、科学、スポーツ、メディアをテーマにやさしく解説します。

連載一覧

NEWSの窓

科学 日本のコロナ対策 どうなる子どものワクチン

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
新型(しんがた)コロナウイルスワクチンを接種(せっしゅ)された10歳(さい)の少(しょう)年(ねん)=アメリカ・コネティカット州(しゅう)にある医療(いりょう)団体(だんたい)「ハートフォード・ヘルスケア」のフェイスブックより 拡大
新型(しんがた)コロナウイルスワクチンを接種(せっしゅ)された10歳(さい)の少(しょう)年(ねん)=アメリカ・コネティカット州(しゅう)にある医療(いりょう)団体(だんたい)「ハートフォード・ヘルスケア」のフェイスブックより

田中たなか 泰義やすよし 毎日新聞まいにちしんぶん くらし医療部長いりょうぶちょう

 毎小まいしょうのみんなはいまなんさいかな。厚生労働省こうせいろうどうしょうは、新型しんがたコロナウイルスのワクチン接種対象せっしゅたいしょうに、5~11さいくわえるかどうか審査しんさをしています。

 ワクチンとは、感染症かんせんしょうふせいだり、感染かんせんしても症状しょうじょうかるくしたりできるくすりです。新型しんがたコロナウイルスやインフルエンザなどの感染症かんせんしょうにかかると、原因げんいんとなるウイルスや細菌さいきんたいする抵抗ていこうりょくができます。この抵抗ていこうりょく免疫めんえきといいます。免疫めんえきができると、感染症かんせんしょうふたたびかかりにくくなったり、かかっても症状しょうじょうかるくなったりします。こんなからだ仕組しくみを応用おうようしたのがワクチンです。

 新型しんがたコロナウイルスとのたたかいは2ねんちかくになり、日本にっぽんでは感染者かんせんしゃえたりったりしています。とくに5かい流行りゅうこうとなった今年ことしなつの「だい5」では、1にち感染者かんせんしゃすう最多さいた全国ぜんこくで2まん5000にんえました。最近さいきん感染者かんせんしゃすうはその100ぶんの1くらいにりました。理由りゆうひとつとして、接種せっしゅ対象たいしょうだった12さい以上いじょうひとやく8わり接種せっしゅ完了かんりょうした効果こうかあらわれたとかんがえられています。

 しかし、接種せっしゅから時間じかんがたつとワクチンの効果こうかよわくなることがかってきました。また、ワクチン効果こうかについて十分じゅうぶん調査ちょうさがなく、接種せっしゅ対象者たいしょうしゃからはずれていた5~11さいも、感染拡大かんせんかくだいふせぐためにもったほうがいいのではないか、というこえがありました。

 アメリカの製薬会社せいやくがいしゃ「ファイザー」が5~11さいためし、有効ゆうこうせい安全性あんぜんせい確認かくにんされたと報告ほうこくしました。そこで、ファイザーは日本にっぽんでも接種せっしゅできるよう、厚労省こうろうしょう審査しんさ申請しんせいしました。

 一方いっぽうで、どもは大人おとなくらべて死亡しぼう重症じゅうしょうのリスクが大幅おおはばすくないので、接種せっしゅしなくてもいいのではないかという意見いけんもあります。心身しんしんとも発達途上はったつとじょうなので、効果こうか副反応ふくはんのうのリスクを見極みきわめる必要ひつようもありそうです。さらにからだちいさな5~11さい接種せっしゅするりょうは、12さい以上いじょう接種せっしゅするりょうの3ぶんの1なので、ワクチンをひと方法ほうほう間違まちがえないようにしてほしいですね。現在げんざい厚労省こうろうしょうはさまざまなてんから検討けんとうすすめています。


 医学いがく地球温暖化ちきゅうおんだんか原発げんぱつなどを担当たんとう学生時代がくせいじだいはオーロラを専攻せんこうした理系人間りけいにんげん本物ほんものたくて休職きゅうしょくし、アメリカのアラスカ大学だいがく留学りゅうがく。40だいでバイオリンをはじめた。1966年岐阜市生ねんぎふしうまれ。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る