連載

毎小ニュース

最新ニュースや世界の出来事を、分かりやすく、的確にお伝えします。スクラップのための素材として最適です。

連載一覧

毎小ニュース

社会 かみしめて進む「魔法」の車椅子

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
構井(かまい)遼(りょう)さん(左(ひだり))と、「魔法使(まほうつか)い」の杉本(すぎもと)義己(よしみ)さん=兵庫県(ひょうごけん)神戸市(こうべし)で2018年(ねん)5月(がつ)(杉本(すぎもと)さん提供(ていきょう)) 拡大
構井(かまい)遼(りょう)さん(左(ひだり))と、「魔法使(まほうつか)い」の杉本(すぎもと)義己(よしみ)さん=兵庫県(ひょうごけん)神戸市(こうべし)で2018年(ねん)5月(がつ)(杉本(すぎもと)さん提供(ていきょう))

 奈良市ならし自営業じえいぎょう杉本すぎもと義己よしみさん(67)と石川県いしかわけん北陸大学ほくりくだいがく講師こうし服部はっとりたくさん(40)は、手足てあしにまひがあるひと奥歯おくばをかみしめると車椅子くるまいすうごかせる技術ぎじゅつ開発かいはつしました。開発かいはつのきっかけは8ねんまえ一人ひとり小学生しょうがくせい出会であったことでした。

 この車椅子くるまいすうごかすには「きん電位でんいヘッドセット」という装置そうちあたまけます。もの奥歯おくばでかむときなどにうごくこめかみちかくの筋肉きんにくから発生はっせいする微弱びじゃく電気でんききん電位でんい)をセンサーでります。たとえば右側みぎがわ奥歯おくばをかみしめれば車椅子くるまいすみぎがります。すすむには両方りょうほうをかみしめる、まるにはをかみわせない――などと「指示しじ」をすのです。この装置そうち車椅子くるまいすメーカーの接続せつぞく機器ききとおしてつなげるだけで電動車椅子でんどうくるまいす操作そうさできるようになります。

8ねんまえ出会であ

 杉本すぎもとさんは福祉ふくしけい機器きき製造せいぞう開発かいはつ販売業はんばいぎょういとなんでいます。8ねんまえ当時とうじ小学しょうがく5ねんせいだった兵庫県加古川市ひょうごけんかこがわし構井かまいりょうさん(20)が両親りょうしんたずねてきました。

 構井かまいさんにはまれつき手足てあしなどにまひがあります。地元じもと小学校しょうがっこうかよっていましたが、こうがくねんになるにつれ宿題しゅくだいをするのがむずかしくなり、おかあさんに手伝てつだってもらうことがえました。おかあさんの時間じかんおそくなることを心配しんぱいした構井かまいさんは、なに方法ほうほうがないかと、杉本すぎもとさんのもとたずね、かお筋肉きんにくだけで操作そうさできるパソコンがあるとり、使つかはじめました。それは構井かまいさんのさまざまな「できない」が「できる」にわる技術ぎじゅつでした。構井かまいさんのこころなかで、杉本すぎもとさんは「魔法使まほうつかいのおじさん」になりました。

自分じぶんうごかしたい

 中学生ちゅうがくせいになった構井かまいさんは、今度こんどは「車椅子くるまいす自分じぶんうごかしたい」とおもうようになりました。あごでうごかすタイプを使つかってみましたがむずかしく、あきらめました。

 そんなとき、イベントで「魔法使まほうつかいのおじさん」と再会さいかいしました。構井かまいさんは「奥歯おくば操作そうさする車椅子くるまいすつくってくれませんか」とたのんでみました。杉本すぎもとさんは構井かまいさんが18さいになったのを開発かいはつ本格ほんかくさせ、服部はっとりさんと完成かんせいさせました。構井かまいさんは「自分じぶんうごけるのは最高さいこうですよね!」とかたり、「ゆくゆくは、自分じぶんものきたい」と期待きたいをふくらませます。

 杉本すぎもとさんは「障害しょうがいのあるひと自分じぶん車椅子くるまいすうごかしたいというおもいはぼくらがおもうよりずっとつよいことをあらためてかんじました。そのおもいをかなえるためにも、来春らいしゅんには製品化せいひんか目指めざしたい」とはなしています。【大治朋子おおじともこ

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る