連載

毎小ニュース

最新ニュースや世界の出来事を、分かりやすく、的確にお伝えします。スクラップのための素材として最適です。

連載一覧

毎小ニュース

社会 大川小の津波、語り継ぐ親たち(その1) 生きたかった命、忘れないで

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
震災遺構(しんさいいこう)となった大川(おおかわ)小(しょう)を訪(おとず)れた人(ひと)たちに被災(ひさい)の様子(ようす)を語(かた)る只野(ただの)英昭(ひであき)さん(中央(ちゅうおう))と紫桃(しとう)隆洋(たかひろ)さん(中央奥(ちゅうおうおく))=宮城県石巻市(みやぎけんいしのまきし)で8月(がつ)28日(にち)
震災遺構(しんさいいこう)となった大川(おおかわ)小(しょう)を訪(おとず)れた人(ひと)たちに被災(ひさい)の様子(ようす)を語(かた)る只野(ただの)英昭(ひであき)さん(中央(ちゅうおう))と紫桃(しとう)隆洋(たかひろ)さん(中央奥(ちゅうおうおく))=宮城県石巻市(みやぎけんいしのまきし)で8月(がつ)28日(にち)

 9がつ1ついたちは「防災ぼうさい」。この身近みぢかそなえをかんがえるに、おもかべてほしい出来事できごとがあります。2011ねん3がつ11にち東日本大震災ひがしにほんだいしんさい津波つなみ児童じどう74にんいのちうしなわれた宮城県みやぎけん石巻市立大川小学校いしのまきしりつおおかわしょうがっこう被害ひがいです。おやたちは「いまきたかったいのちがあったことをわすれないで」とねがい、教訓きょうくんかたいでいます。【百武ひゃくたけ信幸のぶゆき

 まどガラスがれ、2かいゆかみずいきおいでがるなど、津波つなみ傷痕きずあとがそのままのこされた大川おおかわしょう校舎こうしゃ。そのちかくのやま斜面しゃめんまえで、かた只野ただの英昭ひであきさん(51)が、おとずれたひとたちにかたりかけました。「息子むすこはここにのぼってたすかったが『2、3おくれたらんでた』とっていた。すこしでも垂直すいちょく移動いどうする(たか場所ばしょげる)かどうかで生存せいぞん確率かくりつおおきくわるんです」

 長男ちょうなん哲也てつやさん(23)は当時とうじ小学しょうがく5ねんせいでした。津波つなみおそわれながらもたすかった児童じどう4にん一人ひとりです。おなじく学校がっこうにいた長女ちょうじょで3ねんせいだったさんは、べつ場所ばしょにいた只野ただのさんのつまちちとともにかえらぬひととなりました。

 学校がっこう避難ひなんはじめたのは地震じしん発生はっせいから50ぷんちかくがたったあとで、北上川きたかみがわはしのたもとへかいました。哲也てつやさんは途中とちゅう津波つなみかえし、ぎりぎりで斜面しゃめんがれましたが、おおくの児童じどうわず、斜面しゃめんのそばでつちまるようにしてつかりました。

危機意識ききいしきたかめて

 只野ただのさんはふたつのてん強調きょうちょうします。ひとつは「津波つなみはただのみずではない」こと。海岸かいがん沿いのまついえなどをのみこんだなみは「くろいろをしていた」と哲也てつやさんは証言しょうげんします。行方不明ゆくえふめいしゃ捜索そうさく現場げんばあるいた只野ただのさんも「うみから土石流どせきりゅうがきたようだ」とかんじたそうです。

 もうひとつは「津波つなみかわからもおそう」こと。うみから3・7キロメートルはなれた大川おおかわしょうは、うみからの津波つなみとはべつに、かわ逆流ぎゃくりゅうしたなみはしでせきめられ、あふれてきました。より内陸ないりくでも津波つなみおそれはあります。「危機意識ききいしきがあるかないか、自分事じぶんごとかんがえるかどうかで、きるかぬかがかれる」とちからめます。

 只野ただのさんは、事実じじつ解明かいめいもとめて裁判さいばんをした遺族いぞく一人ひとりです。裁判所さいばんしょが、学校がっこうごろの防災ぼうさい体制たいせい不備ふびみとめたのちも、教訓きょうくんかた活動かつどうつづけています。

つぎいのちまも

 ともに活動かつどうする紫桃しとう隆洋たかひろさん(58)は5年生ねんせいだった次女じじょ千聖ちさとさんをくしました。「つたえていくこと、わりにきることがわたしにとっての子育こそだて。どもたちのことをはなすことでつぎいのちまもることにつながる」とはなします。6ねんせいだった長男ちょうなん大輔だいすけさんをくした今野こんのひとみさん(52)は、はなし大人おとなたちに「チャンスは何回なんかいもあったのに、たすかるいのちたすからなかった。あやまちをかえさないために、ここで見聞みききしたことをかえり、まわりのどもたちをまもってほしい」とねがいをかたりました。=2めんにつづく

亡(な)き我(わ)が子(こ)への思(おも)いを語(かた)る今野(こんの)ひとみさん(右(みぎ))と紫桃(しとう)さん=石巻市(いしのまきし)の大川(おおかわ)震災(しんさい)伝承(でんしょう)館(かん)で8月(がつ)28日(にち)
亡(な)き我(わ)が子(こ)への思(おも)いを語(かた)る今野(こんの)ひとみさん(右(みぎ))と紫桃(しとう)さん=石巻市(いしのまきし)の大川(おおかわ)震災(しんさい)伝承(でんしょう)館(かん)で8月(がつ)28日(にち)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る