15歳のニュース

15歳のニュース 最古の写本発見 源氏物語の神髄「若紫」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 古典文学の最高峰さいこうほう源氏物語げんじものがたり」で新発見だ。失われたと思われていた第5じょう(巻)「若紫わかむらさき」(126ページ)の最古の写本が見つかった。「小倉百人一首」でおなじみの歌人藤原定家ふじわらのていか(1162~1241年)が側近らに書き写させて校訂こうていしたもの。800年の時をえて見つかったあざやかな筆跡ひっせきに、研究者も「国語の教科書にも影響えいきょうするほど画期的だ」と興奮している。

藤原定家が校訂

 源氏物語は平安時代中期に紫式部むらさきしきぶによって書かれた物語で、54帖から成る。主人公の光源氏ひかるげんじ、その子のかおると女性たちの関わりなどを通じて貴族社会の人間像をえがいている。手書きの写本で伝わり、日本文化に大きな影響をあたえた。

 中でも「若紫」は源氏物語の「神髄しんずい」とも言われる有名な場面だ。光源氏はあこがれていた義母・藤壺ふじつぼの女御にょうごにそっくりの少女と出会い、引き取る。少女は後に源氏の終生しゅうせい伴侶はんりょむらさきうえとなる。

新たな確認は80年ぶり

 写本の発見は、定家らの古い書物を研究保存する京都市の冷泉家時雨亭文庫れいぜいけしぐれていぶんこが8日に公表した。江戸時代えどじだいに大名だった大河内おおこうち家(東京都新宿しんじゅく区)で今年2月に見つかった。54帖のうち、定家の写本が確認されていたのは「花散里はなちるさと」「行幸みゆき」「柏木かしわぎ」「早蕨さわらび」の4帖(いずれも重要文化財)だけで、新たな帖の確認は昭和初期以来約80年ぶり。

 源氏物語の原本は早くから失われていたとみられ、物語はさまざまな写本で伝えられたが、間違まちがいなども多かったという。約200年後に書写された定家本は、さまざまな古い写本を比較ひかく検討し、より正しく復元しようとまとめられた。

 現在普及ふきゅうしている源氏物語は、室町時代に定家本をもとに作った写本(大島本)を用いている。源氏物語研究者の山本淳子やまもとじゅんこ京都先端せんたん科学大教授は、今回発見された定家本の若紫について「原本に最も近い『若紫』だ。若紫は高校の教科書にも登場しており、今後は当初の姿をとどめた定家本が用いられるだろう」と話している。


 ■KEY WORDS

 【写本しゃほん

 現在は印刷された本を簡単に手に入れることができるが、印刷技術が発明される前は、本は人の手で一文字一文字書き写されて作られていた。

 【藤原定家ふじわらのていか(1162~1241ねん)】

 鎌倉時代かまくらじだい初期の歌人。歌学と古典研究の第一人者で、「小倉百人一首」「新古今和歌集こきんわかしゅう」「新勅撰ちょくせん和歌集」の選者。

あわせて読みたい

購読のお申し込み

紙面ビューアーから「15歳のニュースデジタル」として1カ月たったの100円(税込み)で購読できます。タブロイド判4ページの週刊で、バックナンバーも約2カ月分が閲覧可能です。毎日小学生新聞の購読者には毎週土曜日に別刷りとして挟み込まれます。

申し込む