15歳のニュース 「日本の15歳読解力急落」 数学・科学はトップレベル維持 PISA結果発表

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

衝撃 8位(2015年)→15位へ

 「国際調査で日本の15歳の読解力が急落」。こんな聞き捨てならないニュースが入ってきた。経済協力開発機構(OECD)は3日、世界各国の15歳(日本では高校1年生)を対象にした3年に1度の学習到達度調査(PISA)の2018年の結果を公表した。日本は数学・科学はトップレベルを維持いじしたが、読解力は15位で前回(15年)の8位から急落した。

 特に正答率が低かったのは、長い文章から求められた情報を探し出したり、書かれていることが事実なのか意見にすぎないのかを判断したりする問題だった。

 専門家は読解力低下の原因として、▽スマートフォンやSNSが広まって子どもたちの読み書きやコミュニケーションが「短文中心」になっている▽答えのない課題に対応する能力を養う指導が学校で十分できていない▽新聞や本を読む時間が減少傾向げんしょうけいこうにある――などと指摘してきしている。

 今回の調査結果を、キミはどう受け止めるだろう。この記事をしっかり読んでるキミには無縁むえんのニュース? それとも思い当たることがある? 編集部の記者がそれぞれ100字以内を条件に自由記述で意見を書いてみた。キミも「100字意見」を書いてみないか。


15歳のニュース編集部からの100字意見

 ■本を読まない大人に責任(篠)

 大人が本を読まないのだから、子供も読まなくなるのは当然だ。それに、子供たちが集団で遊び、近所の大人と関わる時間・場所が少なくなったのも、コミュニケーション能力、つまり読解力低下に影響えいきょうしていると思う。

 ■結果に妙に納得(上)

 14さいの次男も数学や理科は得意だが、国語が苦手。だから、今回の調査結果に「そういうものか」と、みょうに納得してしまった。

 ■国語の授業に問題アリ(木)

 日本では国語の授業で、「正解となる単語や文章を文中からしなさい」という設問が多いが、正解を求めることに意味があるのか。いろいろな人の意見を聞いて自分の考えをまとめる欧米おうべい型授業が参考になるのでは。

 ■トップレベルの理数に

 注目して(田)

 悪い部分より、数学と科学に注目した方がいい。日本の15歳は健闘けんとうしている。すぐに答えを求める風潮が広がる世の中で、子供たちだけに「たくさん本を読んで読解力をみがけ」と求めるのはこくではないか。


 ■KEY WORDS

 【経済協力開発機構けいざいきょうりょくかいはつきこう(OECD)】

 欧米おうべい先進国や日本などが加盟する国際機関。仏パリに本部がある。世界最大のシンクタンクとして環境かんきょう、農業、科学技術、教育などさまざまな分野で政策の分析ぶんせきや提言をする。

 【学習到達度調査がくしゅうとうたつどちょうさPISAピザ)】

 OECDが2000年から3年に1度、15さいの生徒に実施じっししている国際学力調査。学校で習った知識や能力を実生活でどれくらい活用できるかを読解力、数学的応用力、科学的応用力の3分野で測定する。

 今回の調査はOECDに加盟していない国や地域を加えた79カ国・地域の約60万人の生徒が参加した。日本は昨年6~8月、全国の国公私立高校など183校の1年生約6100人が受けた。日本の平均得点は数学的リテラシー(応用力)が527点で6位、科学的リテラシーが529点で5位だった。読解力は504点で、前回の516点から下がった。

あわせて読みたい

購読のお申し込み

紙面ビューアーから「15歳のニュースデジタル」として1カ月たったの100円(税込み)で購読できます。タブロイド判4ページの週刊で、バックナンバーも約2カ月分が閲覧可能です。毎日小学生新聞の購読者には毎週土曜日に別刷りとして挟み込まれます。

申し込む