15歳のニュース ヤングケアラー 実態調査の結果公表 “クラスに1人”高2

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
  拡大
 

 家族の介護かいご・世話をする子ども「ヤングケアラー」をめぐり、政府は12日、全国の教育現場に対する初の実態調査結果を発表した。公立中学2年生の5・7%(約17人に1人)、公立の全日制高校2年生の4・1%(約24人に1人)が「世話をしている家族がいる」と回答し、1学級につき1~2人のヤングケアラーがいる可能性がある。だれにも相談せず孤立こりつしがちな実態や、健康・学業への悪影響あくえいきょうも全国的に初めて裏付けられた。

 調査は昨年12月~今年1月、47都道府県の人口に応じて1割にあたる中学1000校の中2(約10万人)、全日制高350校の高2(約6・8万人)にウェブ上で回答を求めた。回答者数は中2が5558人、高2が7407人。

 今回の結果を仮に全国の中2と高2の生徒数で単純計算すると、国内に計約10万人のヤングケアラーがいるとの推計も成り立つ。

 世話をする対象の家族(複数回答)が、中2はきょうだい61・8%▽父母23・5%▽祖父母14・7%、高2はきょうだい44・3%▽父母29・6%▽祖父母22・5%。理由は、きょうだいが「幼い」こと、父母は身体障害や精神疾患せいしんしっかん、祖父母は要介護ようかいご状態などが多い。

 回収率は全体の1割前後とみられ、低迷した。深刻な負担をかかえる子が調査に応じられなかった可能性もふくめ、さらなる実態把握はあく支援しえんへの姿勢が問われそうだ。

 一方、回答者の生徒が在籍ざいせきする学校側にも調査し、回収率は7割強。公立中学の46・6%、全日制高校の49・8%が「ヤングケアラーが在学中」と答えた。


 ■KEY WORDS

【ヤングケアラー】

 病気や障害、精神的な問題などをかかえる家族について、介護かいごや世話をしている子どものこと。日本に公式な定義はないが、家族を介護する人たちを支援しえんする団体は「大人が担うような責任を引き受け、家事や家族の介護、感情面のサポートなどを行っている18さい未満の子ども」と位置づけている。

あわせて読みたい

購読のお申し込み

紙面ビューアーから「15歳のニュースデジタル」として1カ月たったの100円(税込み)で購読できます。タブロイド判4ページの週刊で、バックナンバーも約2カ月分が閲覧可能です。毎日小学生新聞の購読者には毎週土曜日に別刷りとして挟み込まれます。

申し込む