15歳のニュース ベラルーシ、ポーランド国境 移民ら殺到 「難民」仕立て、経済制裁に対抗?

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ベラルーシのポーランド国境付近の物流倉庫で、子どもを抱く男性=11月28日、AP 拡大
ベラルーシのポーランド国境付近の物流倉庫で、子どもを抱く男性=11月28日、AP

厳寒の中で死者も

 旧ソ連のベラルーシ西部のポーランド国境付近にイラクなどから来た数千人規模の移民らがせ、入国をはばもうとするポーランド当局との緊張きんちょうが続いている。

ルカシェンコ大統領=AP 拡大
ルカシェンコ大統領=AP

 欧州連合おうしゅうれんごう(EU)はベラルーシが経済制裁への対抗たいこう策として、非正規移民を「難民」に仕立てる形で「(政治的)圧力をかけようとしている」と非難。一方、ベラルーシのルカシェンコ大統領は関与かんよを否定した上で、ポーランド当局による越境えっきょう阻止そしについて「(EUには)人権と自由があると思っていた」と皮肉った。

 現地では数千人が立ち往生し、厳しい寒さの中で死者も出ている。移住希望者の多くはイラク北部の少数民族クルド人だ。ベラルーシの国営旅行会社のツアーで渡航とこうしたとされる。ベラルーシ治安当局の手助けで鉄条網てつじょうもうをくぐり、越境した人々ひとびともいる。

 日本をふくむ主要7カ国(G7)の外相は11月18日の声明で「冷酷れいこくな行動で人々の命を危険にさらしている」とルカシェンコ政権を非難。弾圧だんあつを続ける「自国民らへの人権軽視から関心をそらそうと試みている」と指摘してきした。

  拡大
 

 EUと、難民・移民問題の協議を始めたベラルーシ当局は、一部難民の帰国支援きこくしえんを始めたほか、物流倉庫を開放し、国境沿いで野営していた約2000人のうち多くを保護し、食事などを提供して「人道じんどう支援」を強調している。

 ルカシェンコ政権は今後も難民らの動きを容認しながら、自国に制裁を科すEUに圧力をかけ続ける方針とみられている。


 ■KEY WORDS

ベラルーシのポーランド国境付近の物流倉庫で、防寒着などを受け取る移民ら=11月28日、AP 拡大
ベラルーシのポーランド国境付近の物流倉庫で、防寒着などを受け取る移民ら=11月28日、AP

 【経済制裁けいざいせいさい

 1994年から強権的な政権運営を続け、「欧州おうしゅう最後の独裁者」と呼ばれるルカシェンコ大統領が2020年8月の大統領選で6選を果たした。その際、選挙の不正を批判する大規模な抗議こうぎデモが広がったが、政権が徹底的てっていてき弾圧だんあつした。それを批判するEUは、ルカシェンコ大統領と政府高官の資産を凍結とうけつするなどの制裁を科した。今年5月には、反体制派ジャーナリストが搭乗とうじょうしていた欧州の旅客機をベラルーシ当局が強制着陸させる事件もあり、EUは制裁を強化した。

 【クルドじん

 トルコ、イラク、イラン、シリアなどに国境をまたいで約3000万人が住むとされ、「国家を持たない最大の民族」と呼ばれる。イラクでは2003年のイラク戦争開戦以来、長く戦乱が続いた。その中でクルド人自治区は、比較的ひかくてき治安の良いエリアとされてきた。しかし、少数民族として度々たびたび弾圧だんあつされてきた上、若者にとって就職は難しく、大勢が「欧州おうしゅうに行けばより良い将来がある」と考えているとされ、移民・難民が後を絶たない。

あわせて読みたい

購読のお申し込み

紙面ビューアーから「15歳のニュースデジタル」として1カ月たったの100円(税込み)で購読できます。タブロイド判4ページの週刊で、バックナンバーも約2カ月分が閲覧可能です。毎日小学生新聞の購読者には毎週土曜日に別刷りとして挟み込まれます。

申し込む