メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校駅伝2019 タイムライン

2019年12月22日に京都市で開かれる男子第70回、女子第31回全国高校駅伝競走大会のページです。21日の開会式やレース当日の様子を記事や写真などを織り交ぜながらタイムライン形式で詳しくお伝えします。

自動更新

306日前に配信

去年とおととしは「花の1区」を担当した立命館宇治(京都)の桶谷南実(3年)。故障もあり今年はサポートに回りました。「周囲に元気を与える走りをしたい」。今後は大学で競技を続けます。

307日前に配信

男女出場の学法石川の地元・福島県石川町は台風19号で被災しました。ボランティアも経験した選手たちは「町に元気を与えたい」という思いでレースに臨みました。

307日前に配信

美方の双子ランナー小島兄弟。今大会では3区、4区でたすきをつなぎました。なんと進学する大学も同じ。2人の物語も未来へつながっています。

307日前に配信

連覇を惜しくも逃した男子の倉敷。裏方に徹し、負けても胸を張るキャプテンの姿。立派です。

307日前に配信

創部9年目で初入賞を果たした男子の宮崎日大。監督と選手の絆を感じさせる記事です。

307日前に配信

なるほど。男子優勝の仙台育英。本日一番の読ませどころです。

307日前に配信

女子4位、興譲館(岡山)の3年生トリオの腕には、監督からのメッセージが書かれていました。

307日前に配信

続いて女子の写真特集です。

1位でフィニッシュする仙台育英の木村=たけびしスタジアム京都で2019年12月22日、猪飼健史撮影
1位でフィニッシュする仙台育英の木村=たけびしスタジアム京都で2019年12月22日、猪飼健史撮影
一斉にスタートする女子の選手たち=たけびしスタジアム京都で2019年12月22日、木葉健二撮影
第1中継所手前で和歌山北の小倉を抜き先頭に立つ仙台育英の小海(右)=京都市で2019年12月22日、山崎一輝撮影
2区3キロ付近で先頭に立った神村学園のバイレ=京都市で2019年12月22日、山崎一輝撮影
第3中継所手前で神村学園の黒川をかわして先頭に立つ仙台育英の清水(左)=京都市で2019年12月22日、山崎一輝撮影
1位でフィニッシュする仙台育英の木村=たけびしスタジアム京都で2019年12月22日、猪飼健史撮影
2位でフィニッシュする神村学園の中須=たけびしスタジアム京都で2019年12月22日、木葉健二撮影
3位でフィニッシュする筑紫女学園の永長=たけびしスタジアム京都で2019年12月22日、木葉健二撮影
8

307日前に配信

男子のレースを写真特集で振り返ります。

1位でフィニッシュする仙台育英の吉居駿=たけびしスタジアム京都で2019年12月22日午後2時31分、川平愛撮影
1位でフィニッシュする仙台育英の吉居駿=たけびしスタジアム京都で2019年12月22日午後2時31分、川平愛撮影
一斉にスタートする男子の選手たち=たけびしスタジアム京都で2019年12月22日、木葉健二撮影
1区を走る選手たち=京都市で2019年12月22日、猪飼健史撮影
1区で後続を突き放す八千代松陰の佐藤(左)=京都市で2019年12月22日、猪飼健史撮影
3区で先頭に出る倉敷のキプラガット(左端)=京都市で2019年12月22日、猪飼健史撮影
3区で後続を引き離す倉敷のキプラガット=京都市で2019年12月22日、猪飼健史撮影
7区で併走する仙台育英の吉居駿(右)と倉敷の長塩=京都市で2019年12月22日、猪飼健史撮影
1位でフィニッシュする仙台育英の吉居駿=たけびしスタジアム京都で2019年12月22日、川平愛撮影
2位でフィニッシュする倉敷の長塩=たけびしスタジアム京都で2019年12月22日、木葉健二撮影
3位でフィニッシュする佐久長聖の富田=たけびしスタジアム京都で2019年12月22日、木葉健二撮影
10

307日前に配信

女子8位の諫早。合言葉「返り咲こう カムバック諫高」、その心は……。

307日前に配信

男子1区を走る選手たち。58校が走る姿は迫力があります。

1区を走る選手たち=京都市で2019年12月22日、猪飼健史撮影

307日前に配信

9位でたすきを受けた自由ケ丘の7区・西村。「一人でも抜こうと力を振り絞った」。懸命の走りが実りました。

307日前に配信

佐久長聖の鈴木主将は、箱根駅伝の観戦のために乗った箱根登山鉄道で一緒になった先輩を目標としています。

307日前に配信

小豆島中央。島民たちとのつながりの深さ。

307日前に配信

宮崎日大の藤井監督は、兵庫・西脇工での選手時代に都大路を2度制しました

307日前に配信

男子7区。倉敷仙台育英の競り合いは手に汗握りました。

7区で併走する仙台育英の吉居駿(右)と倉敷の長塩=京都市で2019年12月22日、猪飼健史撮影

307日前に配信

九州学院の高浜大志。中3までは野球部でした。

307日前に配信

ピンク色のシューズが多い理由を取材しました。

307日前に配信

女子1区、仙台育英の小海。チームに勢いをつけました。2人ともピンク色のシューズ。

第1中継所手前で和歌山北の小倉を抜き先頭に立つ仙台育英の小海(右)=京都市で2019年12月22日、山崎一輝撮影

307日前に配信

選手たちの激走シーンも写真でアップしていきます

307日前に配信

女子1区を走る選手たち。都大路を駆け抜けました。

1区を走る選手たち=京都市で2019年12月22日、山崎一輝撮影

307日前に配信

男子3区で力走した倉敷のケニア人留学生、キプラガット。ピンク色のシューズ。

3区で後続を引き離す倉敷のキプラガット=京都市で2019年12月22日、猪飼健史撮影

307日前に配信

前回大会優勝の倉敷(岡山)は3秒差で2位。この悔しさを来年につなげてほしいと思います。

307日前に配信

この後も、高校駅伝関連の記事をタイムラインで更新していきます

307日前に配信

男子の佐久長聖。7大会連続で5位以内と地力の高さは証明しました。

307日前に配信

男子、八千代松陰(千葉)の1区の佐藤一世。シューズがピンク色ですね。

1区で後続を突き放す八千代松陰の佐藤(左)=京都市で2019年12月22日、猪飼健史撮影

307日前に配信

各チームのエースがひしめく「花の1区」で、日本選手歴代最高の称号を手にしました。

307日前に配信

男子4位でフィニッシュした九州学院のアンカー溝上は、待ち受けた仲間の姿に思わず涙ぐみました。

307日前に配信

優勝した女子の仙台育英。エース格だったケニア人留学生のムソニが8月に右大腿(だいたい)骨を骨折し、全治1年の重傷。チームの危機を乗り越えた先に、2年ぶりの栄冠が待っていました。

307日前に配信

女子の青森山田はアンカーのケニア人留学生・ジェリーが8人抜きの快走で区間賞を獲得。貧血が課題でしたが、今年は食生活を改善し、苦手な納豆も食べて克服しました。

307日前に配信

女子・筑紫女学園で4区に起用された主将の市原沙南(さな)。約1か月後にセンター試験を控えており、勉強をしながら京都入りしました。

307日前に配信

オール2年生のオーダーで連覇に挑んだ神村学園(鹿児島)。19秒差で涙をのみました。

307日前に配信

続いて、男子の出場全チームの成績です。

男子のレース結果一覧

307日前に配信

女子の出場全チームの成績です。

女子のレース結果一覧

307日前に配信

女子の興譲館(岡山)は1時間8分41秒の4位。藤井監督は「目指していたのは日本一。とても悔しい」と語りました。

307日前に配信

「花の1区」で和歌山北のピンクのユニホームが躍動しました。小倉稜央(3年)が区間2位の快走で、過去33位が最高だったチームを19位に押し上げました。

307日前に配信

閉会式が終わりました。選手、監督のみなさんお疲れさまでした!

307日前に配信

女子・須磨学園は6位入賞です。4区・松尾が区間2位の好走で4位まで順位を上げましたが、最終5区で粘れませんでした。

307日前に配信

男女同時優勝、仙台育英の両監督もトロフィーを受けとりました。

307日前に配信

男子の入賞チームも一斉に表彰されました。

307日前に配信

続いて3位の佐久長聖の選手たちの表彰です。

307日前に配信

男子2位の倉敷の選手たちです。

307日前に配信

男子優勝の仙台育英に優勝旗が渡りました。

307日前に配信

毎日新聞の高校駅伝特設記者室です。各記者懸命に原稿を執筆しています。

307日前に配信

女子の入賞チームも表彰されました。

307日前に配信

3位の筑紫女学園の選手たちも表彰されました。

307日前に配信

2位の神村学園に表彰状が授与されます。

307日前に配信

女子優勝の仙台育英の表彰が行われています。優勝旗が授与されました。

307日前に配信

閉会式スタート!優勝した仙台育英の選手たちが前列に座っています。

307日前に配信

まもなく閉会式が始まります!

307日前に配信

女子2位の神村学園(鹿児島)。合宿で訪れた大分には中須瑠菜主将(2年)が母のように慕う女性がいます。

307日前に配信

順位推移グラフ。男子全区間終了です。

307日前に配信

順位推移グラフ。女子全区間です。

307日前に配信

倉敷のキプラガットは「コンディションは良く、走っていて楽しかった。2位は悔しいね」と肩を落としました。

307日前に配信

3位佐久長聖・高見沢監督は台風被害に苦しんだ地元に触れ「(勇気づけたいという)思いも乗せて走った。頑張れた要因の一つ」

307日前に配信

九州学院の禿雄進監督は「7区全部良かった。熊本大会で負けて、試合に出させずピークを今日に持ってくるようにした。良い記録で入賞できたことに褒めてあげたい」

307日前に配信

倉敷・新雅弘監督は「3区までは想定内だった。後半が課題で、アンカーに渡った時には負けを覚悟した。最後の100メートルまでよく粘った」と選手たちを称えました。

307日前に配信

宮崎日大・藤井監督「初めての入賞は素直にうれしい。1、2、3区は我慢で、4区からもう一度勝負するイメージでオーダーを組んだ。その通りの走りをしてくれた。トータルでは100点満点」

307日前に配信

熊本大会で開新に敗れ南九州代表で出場しながら4位入賞の九州学院。アンカー溝上は「負けをバネにできたのはよかった」

307日前に配信

ハイレベルな争いとなった今大会。速報値で仙台育英の2時間1分32秒は歴代2位タイ。倉敷の2時間1分35秒は歴代4位。2時間1分台は過去2回しかなく、1大会で同時に出るのは初めて。

307日前に配信

倉敷のアンカー長塩は「最後はスピードについていけなかった。トラック勝負は避けたかった」と涙が止まりませんでした。

307日前に配信

「花の1区」で区間賞に輝いた八千代松陰・佐藤一世は「昨年2位だったので区間賞を狙っていたが、ここまでタイムが出るとは思っていなかった」。

307日前に配信

自由ヶ丘(福岡)は初出場で初入賞。岸本隆雄監督は「まさか8番とは。大舞台で自信を持って走る姿に感動しました」と目を赤らめて話していました。

307日前に配信

男子区間賞の続きです。5区=上仮屋雄太(須磨学園)、6区=ムチリ・ディラング(仙台育英)、7区=小牧波亜斗(洛南)

307日前に配信

男子区間賞 1区=佐藤一世(八千代松陰)、2区=白井勇佑(仙台育英)、越陽汰(佐久長聖)、佐藤圭汰(洛南)、3区=フィレモン・キプラガット(倉敷)、4区=伊井修司(東農大二)、松並昂勢(自由ケ丘)

307日前に配信

男子優勝・仙台育英の7区・吉井駿。「支えてくれた方々に感謝したい。(競り合いも)ラスト勝負でしっかり行こうと決めました」

307日前に配信

取材中、思いがこみあげて目頭を押さえる仙台育英の真名子監督

307日前に配信

男子優勝・仙台育英の真名子圭監督。「本当に涙が出そう。当初は5、6区で前に立つ予定だったが、6区のディラングが追いつき、行けると思った」

307日前に配信

笑顔で取材を受ける仙台育英の1区の喜早選手。「10秒差以内で渡そうと思っていた。昨年悔しい思いをしていたので嬉しい」

307日前に配信

(51)中越(52)中京学院大中京(53)一関学院(54)高知農(55)北山(56)鳥取城北(57)出雲工(58)新居浜東

307日前に配信

(41)那須拓陽(42)徳島科技(43)鹿児島実(44)山梨学院(45)小豆島中央(46)島田(47)東海大山形(48)智弁和歌山(49)松山商(50)青森山田

307日前に配信

(31)水城(32)田村(33)水島工(34)藤沢翔陵(35)美方(36)敦賀気比(37)富山商(38)関大北陽(39)伊賀白鳳(40)松浦

307日前に配信

(21)鎌倉学園(22)埼玉栄(23)札幌山の手(24)西脇工(25)滋賀学園(26)遊学館(27)西京(28)智弁学園奈良(29)東洋大牛久(30)北海道栄

307日前に配信

(11)洛南(12)世羅(13)秋田工(14)須磨学園(15)四日市工(16)八千代松陰(17)鳥栖工(18)大牟田(19)開新(20)国学院久我山

307日前に配信

男子の最終順位です。(1)仙台育英(2)倉敷(3)佐久長聖(4)九州学院(5)学法石川(6)大分東明(7)宮崎日大(8)自由ケ丘(9)東農大二(10)豊川

307日前に配信

優勝は逃したものの、倉敷(岡山)のケニア出身留学生、フィレモン・キプラガット(3年)は3区で圧巻の走りを見せました。

307日前に配信

九州学院(南九州)アンカーの溝上は仲間の出迎えに思わず涙

307日前に配信

仙台育英(宮城)の優勝は第58回(2007年)大会以来12年ぶり8回目。東日本大震災以降では初めてです。

307日前に配信

仙台育英の監督とアンカーの記念撮影です

307日前に配信

最多優勝9回の世羅(広島)は12位でフィニッシュです。

307日前に配信

2位に終わり悔し涙を流す倉敷の長塩

307日前に配信

九州学院は4位。熊本県予選で敗れ、地区大会で都大路に進んだ強豪が意地を見せました。

307日前に配信

男子のフィニッシュ(1)仙台育英(2)倉敷(3)佐久長聖(4)九州学院(5)学法石川(6)大分東明(7)宮崎日大(8)自由ケ丘

307日前に配信

宮崎日大は7位、初出場の自由ケ丘(福岡)は8位でともに初入賞です!

307日前に配信

男女同時優勝は2015年の世羅(広島)以来の快挙です。

307日前に配信

仙台育英は2時間1分32秒の好タイムです。喜ぶ仙台育英の選手たち

307日前に配信

仙台育英の吉居駿がトラック勝負で抜けて最後の直線で突き放して12年ぶり8回目の優勝を果たしました。3秒差の2位に倉敷

307日前に配信

優勝は仙台育英

307日前に配信

仙台育英と倉敷、トラック勝負になりました。

307日前に配信

残り1㌔で、倉敷の長塩が前に出る。仙台育英の吉居駿も追走しています。トラック勝負です。

307日前に配信

走り終えた6区の選手たち。続々とアンカーへたすきが渡っています。

307日前に配信

7区2㌔過ぎ。仙台育英の吉居駿が時計を見た直後に倉敷の長塩の左隣について併走。直後に一度、長塩の顔を見て前に出ました。

307日前に配信

最終7区のコースです。

307日前に配信

男子6区でディラング(仙台育英)が14分6秒で区間新記録更新!これまでの記録は第59回の佐々木寛文(佐久長聖)の14分14秒

307日前に配信

順位推移グラフ。男子6区終了時点です

307日前に配信

倉敷と仙台育英のアンカー対決。5000mの自己記録では、倉敷の長塩が14分46秒、仙台育英の吉居駿が14分24秒です

307日前に配信

7区1㌔過ぎ、仙台育英の1年生の吉居駿が、倉敷の2年生の長塩に追いつきました。

307日前に配信

倉敷と仙台育英のアンカー対決。倉敷は2年生の長塩、仙台育英は1年生の吉居駿です。

307日前に配信

6区の通過順位は(1)倉敷(2)仙台育英(3)佐久長聖(4)九州学院(5)大分東明(6)学法石川(7)東農大二(8)宮崎日大

307日前に配信

仙台育英のアンカー、吉居駿は「調子はいい。ゴールテープを切りたい」と逆転優勝へ意気込んでいます。

307日前に配信

5区終了時点で1位は倉敷。2位の仙台育英はトップと5秒差と肉薄しています。

307日前に配信

トップの倉敷がアンカーへ。

307日前に配信

仙台育英のディラングはケニア出身で、出身中学校は「エリート中」です。

307日前に配信

6区の仙台育英のディラングが猛追。5㌔の短い区間で外国人留学生を起用した理由を、真名子監督は「短い距離の方がスピードを生かせる」と話していました。

307日前に配信

交通規制も始まり、各チームのアンカーが準備を進めています!

307日前に配信

6区中間点(2・5㌔)で1位の倉敷と2位の仙台育英の差は14秒縮まって34秒差になりました。

307日前に配信

順位推移グラフ。男子5区終了時点

307日前に配信

平野神社もコースのそばにあります。

平野神社。サクラの名所として知られる。女子第1中継所=京都市北区で2019年12月7日、川平愛撮影

307日前に配信

6区のコースです。

307日前に配信

選手たちが駆け抜けるコースはこんなところです。

金閣寺前交差点。コースは、この付近からゆるい下り坂が始まる。金閣寺は左奥=京都市北区で2019年12月7日、川平愛撮影

307日前に配信

コースそばには金閣寺もあります。

コース近くにある金閣寺=京都市北区で2019年12月10日、本社ヘリから大西達也撮影

307日前に配信

第6中継所では、各校のアンカーが最終調整をしています!

307日前に配信

順位推移グラフ。男子4区終了時点

307日前に配信

5区の通過順位は(1)倉敷(2)仙台育英(3)佐久長聖(4)九州学院(5)学法石川(6)大分東明(7)八千代松陰(8)東農大二。世羅は15位と変わらず。

307日前に配信

佐久長聖が一つ順位を上げて3位。トップとは1分15秒差です。

307日前に配信

2位の仙台育英はトップと6秒縮めて48秒差に。

307日前に配信

過去2年は6区で逆転劇がありました。倉敷が逃げ切るか、それとも仙台育英がひっくり返すか。まだまだ目が離せないレース展開です。

307日前に配信

5区終了時点で1位の倉敷は1時間32分11秒。大会新記録ペースです。

307日前に配信

レースは6区に入りました。

北大路通に面した大徳寺の門=京都市北区で、川平愛撮影

307日前に配信

4区の通過順位は(1)倉敷(2)仙台育英(3)八千代松陰(4)佐久長聖(5)九州学院(6)大分東明(7)学法石川(8)自由ケ丘。自由ケ丘は初出場です。世羅は二つ順位を上げて15位。

307日前に配信

5区のコースはこちらです。

307日前に配信

4区終了時点で首位の倉敷(岡山)と仙台育英(宮城)の差は54秒(速報値)。徐々に差は詰まってきました。仙台育英は6区に留学生のディラングを残しています。

307日前に配信

1位・倉敷を追う仙台育英の5区・山平は追う展開も想定済み。「1秒でも追いつけるように走りたい」と意気込む。

307日前に配信

2位は仙台育英。トップと54秒差です。3位の八千代松陰は1分8秒差。

307日前に配信

4区終了時点で1位の倉敷は1時間23分25秒。大会記録を上回るペースです。

307日前に配信

4区終盤、仙台育英の菊地がスパートして単独2位に。トップの倉敷との差を縮めています。

307日前に配信

4区のコースです。

307日前に配信

3区で好走を見せた倉敷のキプラガット選手です。

307日前に配信

各チームのアンカーの点呼が始まりました。レースもいよいよ終盤です。

307日前に配信

上位3チームが4区中間点を通過。1位倉敷と2位グループの仙台育英八千代松陰との差は55秒です。

307日前に配信

選手たちが走るコースの近くには有名な大文字も。夏にはこんな景色が楽しめます。

コース近くにある大文字。8月の「京都五山送り火」では夜空に浮かび上がる=京都市で2019年8月16日、川平愛撮影

307日前に配信

コース近くには銀閣寺もあります。

コース近くにある銀閣寺=京都市左京区で、望月亮一撮影

307日前に配信

初出場の新居浜東の4区の選手がスタート。第3中継所は全チームがたすきを渡しました。

307日前に配信

3区終了時点で首位の倉敷と2位の八千代松陰は58秒差、倉敷と3位の仙台育英と1分5秒差。倉敷は理想的な展開。2位以下のチーム逆転できる差

307日前に配信

順位推移グラフ。男子3区終了時点です

307日前に配信

一関学院の4区の選手が駆け出しました。

307日前に配信

中京学院大中京(左)の4区の選手らが走り出しています。

307日前に配信

敦賀気比の4区の選手がスタートしました。

307日前に配信

国学院久我山の4区の選手が走り出しました。

307日前に配信

3区の通過順位は(1)倉敷(2)八千代松陰(3)仙台育英(4)九州学院(5)佐久長聖(6)学法石川(7)大分東明(8)秋田工。世羅は17位と大きく順位を上げました。

307日前に配信

佐久長聖は1分33秒差で5位です。

307日前に配信

九州学院の3区の選手が折り返し地点に向かいました。

307日前に配信

2位は八千代松陰で58秒差、3位は仙台育英で1分5秒差です。

307日前に配信

3区は倉敷のキプラガットが区間記録に4秒差に迫る22分44秒で1位通過。

307日前に配信

キプラガットがたすきを渡しました

307日前に配信

仙台育英の3区の吉居は3位に後退。脇腹や腰付近に手を当てる仕草をしています。

307日前に配信

選手たちは折り返し地点を回ってからたすきをリレーします。

国立京都国際会館そばの男子折り返し点=京都市左京区で、川平愛撮影

307日前に配信

3区。トップに立つ倉敷のケニア人留学生、キプラガットが花園橋を通過しました。残り約1㌔。まもなく折り返し地点です。

307日前に配信

4区の選手が最終のアップに入りました。

307日前に配信

倉敷のキプラガットはマイペースな性格で、新雅弘監督は「自由に走らせる」と話しています。他を寄せ付けない「マイペース」です。

307日前に配信

3区は折り返し地点が近づいてきました。

折り返し点近くの国立京都国際会館=京都市左京区で、川平愛撮影

307日前に配信

3区中間点を倉敷のキプラガットが11分22秒で通過。区間新記録を狙える可能性があります。2位と22秒差つけています。

307日前に配信

順位推移グラフ。男子2区終了時点

307日前に配信

3区1㌔過ぎ。倉敷のケニア人留学生、キプラガットが先頭に立ちました。

307日前に配信

選手たちは京都大の近くも走ります。

百万遍の交差点と京都大。選手たちは往路では東大路通を右折し今出川通を東へ。復路では今出川通を左折し東大路通を南へ=京都市左京区で、川平愛撮影

307日前に配信

3区のコースです。

307日前に配信

2区の通過順位は(1)八千代松陰(2)学法石川(3)仙台育英(4)佐久長聖(5)倉敷(6)九州学院(7)秋田工(8)鎌倉学園。倉敷はトップと8秒差。世羅は七つ順位を上げて28位に。

307日前に配信

レースは3区に入ります。

鴨川にかかる丸太町橋=京都市で、川平愛撮影

307日前に配信

連覇を狙う倉敷は1区の石原がトップと8秒差の5位。倉敷の新監督は「1区の石原次第でレース展開が変わる」と話していましたが、好スタートを切りました。

307日前に配信

残り700㍍で八千代松陰の石井が学法石川の山口を振り切ってラストスパート。

307日前に配信

学法石川は2区終了時点でトップ通過が理想のレース展開だそうです。

307日前に配信

1区区間賞の八千代松陰・佐藤一世は、日本選手最高記録の更新に「ここまで出ると思わなかった。正直自分でもびっくり」と驚いた様子。

307日前に配信

1区区間賞の八千代松陰・佐藤一世は、留学生を除く日本人最高記録の28分48秒台。03年の佐久長聖・上野裕一郎の28分54秒を6秒更新しました。

307日前に配信

選手たちは京都御苑のそばを通過しています。

烏丸通に面した、京都御苑の蛤御門。男子2区の中間点付近=京都市上京区で、川平愛撮影

307日前に配信

1区の通過順位は(1)八千代松陰(2)学法石川(3)九州学院(4)北海道栄(5)倉敷(6)仙台育英(7)佐久長聖(8)東農大二です。世羅は35位と出遅れました。

307日前に配信

2区のコースです。

307日前に配信

レースは2区に入りました。

烏丸通に面した同志社大。高速区間、2区の始まり=京都市上京区で、川平愛撮影

307日前に配信

2区スタート直後に学法石川が先頭に出ました。

307日前に配信

残り500㍍。八千代松陰の佐藤が抜け出しました。

307日前に配信

残り1㌔。先頭集団は5人となりました。

307日前に配信

1区区間賞候補・東農大二の石田はかつて「スーパー中学生」と呼ばれた。「スーパー高校生と言われるくらいの記録を残したい」

307日前に配信

1区で先頭集団にいる佐久長聖の鈴木(3年)は2年前の1年時に優勝を経験。「あの時は3年生に引っ張ってもらった。今度は自分が1区で勢いをつけたい」

307日前に配信

先頭集団は10人程度。優勝候補の仙台育英佐久長聖学法石川倉敷もいます。

307日前に配信

水城高校駅伝部もツイート。

307日前に配信

仙台育英1区・喜早駿介は「最後にギアチェンジして区間賞を狙いたい」。先頭集団でスパートのチャンスをうかがいます。

307日前に配信

鎌倉学園・児玉真輝は昨年1区5位。「去年はラスト1・5㌔くらいから体が動かなかった。その悔しさは覚えている。今年は粘りたい」

307日前に配信

5・5㌔付近で、昨年2位の世羅(広島)の倉本が先頭集団から遅れ始めました。

307日前に配信

地元・洛南(京都)の主将・諸冨湧(3年)は「やるからには全国制覇を目指したい」。

307日前に配信

1区中間地点を通過。14分33秒。区間賞争いの行方やいかに!

307日前に配信

1区は5㌔手前。集団で進んでいます。上り坂で勝負所です。

307日前に配信

1区区間賞候補の埼玉栄・白鳥哲汰は6月に靭帯を痛め約2カ月リハビリ生活。「インターハイも諦めてその分駅伝にかけた。誰よりも勝ちたい気持ちは強いと思う」

307日前に配信

男子の折り返し地点付近。3区から4区の選手へのたすき渡しも近いため、続々と観客が集まっています。

307日前に配信

1区中間点、沿道では観客が選手を待っています

307日前に配信

佐久長聖(長野)の地元・佐久市もツイートで応援。

307日前に配信

スタート直後、勢いよく飛び出したのは初出場の敦賀気比の田中。八千代松陰(千葉)の佐藤を先頭に、たけびしスタジアム京都を出て行きました。

307日前に配信

1区のコースにある円町交差点です。

円町交差点付近でJR山陰本線の高架をくぐる。奥が北=京都市中京区で、川平愛撮影

307日前に配信

男子スタートしました

307日前に配信

男子1区のコースです。

307日前に配信

男子スタート直前。応援団の熱も入っています。

307日前に配信

50年ぶり出場の開新(熊本)は、チームワークの良さで入賞を狙います。

307日前に配信

令和初の王者はどの学校か。レースを展望しました。

307日前に配信

男子の選手たち。スタート前です。

307日前に配信

男子のスタートは12時30分です!

307日前に配信

1区でたすきリレー直前にかわされて2位の和歌山北・小倉稜央は「区間賞を狙っていたけど最後に抜かれて悔しかった」。チームは過去最高の19位。

307日前に配信

女子の区間賞です。1区=小海遥(仙台育英)、2区=テレシア・ムッソーニ(世羅)、3区=清水萌(仙台育英)、4区=山中菜摘(仙台育英)、5区=エリザベス・ジェリー(青森山田)

307日前に配信

神村学園はまだ涙が止まらず。有川監督は「泣いたら悔しさがたまらないよ。みんな残るんだから大丈夫」と優しく語りかけました。

307日前に配信

優勝した仙台育英の選手たち、記念撮影中です

307日前に配信

(41)新潟明訓(42)四日市商(43)智弁学園奈良(44)秋田北鷹(45)山田(46)鳥取城北(47)名護

307日前に配信

女子の最終順位です。(31)豊川(32)山梨学院(33)小林(34)盛岡誠桜(35)山形城北(36)鳴門(37)旭川龍谷(38)県岐阜商(39)鯖江(40)平田

307日前に配信

(21)白鵬女子(22)学法石川(23)比叡山(24)水城(25)常葉大菊川(26)白鷗大足利(27)星稜(28)八幡浜(29)白石(30)高松工芸

307日前に配信

(11)成田(12)世羅(13)昌平(14)大阪薫英女学院(15)錦城学園(16)富山商(17)大分東明(18)千原台(19)和歌山北(20)西京

307日前に配信

女子の全順位は次の通りです。(1)仙台育英(2)神村学園(3)筑紫女学園(4)興譲館(5)青森山田(6)須磨学園(7)立命館宇治(8)諫早(9)長野東(10)常磐

307日前に配信

祝福される筑紫女学園(福岡)の選手たち。長尾育子監督は「大舞台で一番の力を発揮してくれた。1区の流れが重要だった」

307日前に配信

筑紫女学園(福岡)の選手たちも3位入賞に笑顔を見せています

307日前に配信

喜ぶ仙台育英の選手たち。おめでとうございます!

307日前に配信

フィニッシュ地点付近で各中継所から戻り、喜ぶ仙台育英の選手たち

307日前に配信

青森山田・大島健治監督「(前回38位から今回5位)1区の布施がいい流れを作った。素直にうれしい」

307日前に配信

女子優勝・仙台育英の木村梨七主将(3年)は「2年前と同じように、ゴールテープを優勝という形で切れたので、とてもうれしいです。自分がやってきたことを出し切るだけと思って走りました」

307日前に配信

女子優勝・仙台育英の釜石慶太監督は「1区の小海の魂の走りが大きかった。昨年けがで出場できず、この大会に懸けてきた。令和最初の優勝で、仙台育英に関わってくださる皆さんに心から感謝します」

307日前に配信

2年ぶり出場の諫早(長崎)は10年ぶりの入賞となる8位。一つ順位を上げたアンカーの畑本は「順位はわからなかった。絶対に前をとらえようと思った。来年はもっと上を目指したい」とうれし涙。

307日前に配信

須磨学園の浜本憲秀監督は「ちょっとのミスが積み重なり、5区の樽本に負担をかけた」と話しました。

307日前に配信

たけびしスタジアム京都の電光掲示板にはこんなメッセージが。

307日前に配信

仙台育英が貫禄のレース運びで都大路を2年ぶりに制しました。

307日前に配信

高松工芸(香川)は30位。チームの過去最高順位は記念大会だった昨年の52位。大幅にチーム記録を更新しました!

307日前に配信

女子で唯一初出場の県岐阜商は38位。アンカーの加藤若葉は笑顔でフィニッシュ!

307日前に配信

2位の神村学園のアンカー中須瑠菜は他の部員と抱き合い「ごめん…どうしよう…」と嗚咽をもらしました。

307日前に配信

(10)常磐(11)成田(12)世羅(13)昌平(14)大阪薫英女学院(15)錦城学園

307日前に配信

8位の諫早は10年ぶりの入賞。終盤の粘りが見事でした

307日前に配信

9位は去年準優勝の長野東。惜しくも入賞ならず。

307日前に配信

フィニッシュした選手たち

307日前に配信

女子のフィニッシュ(1)仙台育英(2)神村学園(3)筑紫女学園(4)興譲館(5)青森山田(6)須磨学園(7)立命館宇治(8)諫早

307日前に配信

3位の筑紫女学園は17年ぶりの表彰台です

307日前に配信

優勝タイムは速報値で1時間7分ちょうど。歴代5位タイの好記録です

307日前に配信

仙台育英の木村は両手を広げてフィニッシュ。連覇を狙った神村学園は無念の2位です。

307日前に配信

仙台育英が2年ぶり4回目の優勝。4回目の優勝は豊川に並び最多です

307日前に配信

仙台育英と神村学園の差は約100㍍。

307日前に配信

仙台育英のアンカーは木村。懸命な表情で逃げています。

307日前に配信

5区、トップの仙台育英は競技場に入りました。

307日前に配信

フィニッシュまで残り1㌔、仙台育英がトップです。2位は神村学園。神村学園は仙台育英の姿が見えています。果たして逆転なるか。

307日前に配信

5区の3位争いは熾烈です。筑紫女学園(福岡)と興譲館(岡山)の争いです。

307日前に配信

4区を走り終えた選手たち。レースも終盤です。

307日前に配信

順位推移グラフ。女子4区終了時点です。

307日前に配信

終盤の沿道から。応援にも熱が入ります。

307日前に配信

仙台育英5区の木村は今年の全国高校総体女子3000メートルで日本人トップの実力者です!

307日前に配信

勝負の女子5区。コースはこちらです。

307日前に配信

4区終了時点の順位は(1)仙台育英(2)神村学園(3)筑紫女学園(4)須磨学園(5)興譲館(6)長野東(7)立命館宇治(8)世羅です。

307日前に配信

仙台育英がトップで5区へ。5秒差で神村学園が追います。レースはアンカー勝負に!

307日前に配信

4区の第2集団。競り合っています。

307日前に配信

順位推移グラフ。女子3区終了時点です。

307日前に配信

仙台育英のアンカーは木村梨七主将。前日に「(留学生の)ムソニがけがをした時は優勝は絶対無理という空気だった。でも県予選で自信を付けた。ムソニの分も走りたい」。

307日前に配信

8位以内の入賞争い。3区通過順位は8位・長野東、9位・諫早です。長野東は「入賞圏内で粘るレース」を理想のレース展開に挙げています。

307日前に配信

女子4区のコースです。

307日前に配信

唯一の初出場、県岐阜商は39位で3区を通過。目標は35位を掲げています。

307日前に配信

女子の2区を走り終えた選手が仲間のフィニッシュを待ち受けるために、続々とバスに乗り込んでいます。

307日前に配信

3区の通過順位は(1)仙台育英(2)神村学園(3)興譲館(4)筑紫女学園(5)立命館宇治(6)世羅(7)須磨学園(8)長野東

307日前に配信

中継所手前で仙台育英が神村学園を抜いてトップに!

307日前に配信

順位推移グラフ。女子2区終了時点です。神村学園は13位アップ、興譲館は10位アップ、世羅は16位アップです

307日前に配信

神村学園3区黒川円佳選手は前日「しっかり後半の選手に余裕を持って走ってもらうように、バイレからの流れを引き継いだ走りをしたい。目標は区間賞」と話していました。

307日前に配信

四日市商の3区の選手が折り返し地点を通りました

307日前に配信

白鷗大足利の3区の選手が折り返し地点を通過しました。

307日前に配信

立命館宇治の3区の選手が折り返しました

307日前に配信

2区の通過順位は(1)神村学園(2)興譲館(3)仙台育英(4)世羅(5)立命館宇治(6)長野東(7)筑紫女学園(8)諫早(9)和歌山北です。

307日前に配信

トップの神村学園が折り返しました

307日前に配信

2区の世羅・ムッソーニが12分15秒(速報値)で区間新記録です! 従来の区間記録は2017年の仙台育英・エカラレの12分25秒でした。

307日前に配信

1区で12位の興譲館(岡山)2位に立ちました。

307日前に配信

残り約1キロで神村学園(鹿児島)バイレ・シンシアがトップに立ちました。13人のごぼう抜きです!!

307日前に配信

女子2区のコース図です。

女子オーダー表

307日前に配信

神村学園は2区のバイレ・シンシア(ケニア出身)が急ピッチで追い上げています。シンシアは「区間賞を取ってチームを優勝させたい」。

307日前に配信

1区区間賞の仙台育英・小海遥「最後の1・5㌔からしっかり自分のペースを刻もうと思って走った」

307日前に配信

連覇を狙う神村学園(鹿児島)はトップと34秒差で14位で出遅れました。

307日前に配信

1区の通過順位は(1)仙台育英(2)和歌山北(3)常磐(4)長野東(5)筑紫女学園(6)須磨学園(7)諫早(8)成田です。

307日前に配信

1区を2位で通過した和歌山北の過去最高順位は33位(2017年)です。上位進出に期待です。

307日前に配信

第1中継所では、選手たちがスタンバイ!

307日前に配信

追うのは仙台育英の小海。

307日前に配信

残り700㍍強で和歌山北の小倉がトップに!

307日前に配信

2位集団の常磐(群馬)。2016年リオデジャネイロ五輪陸上男子代表の杉町マハウの母校です。

307日前に配信

4キロ過ぎで2位集団が縦長になり、強豪の世羅(広島)が遅れました。

307日前に配信

体操の「田中3きょうだい」を輩出した和歌山北も2位集団です!

307日前に配信

優勝候補の神村学園(鹿児島)と仙台育英(宮城)は2位集団でレースを展開しています。神村学園の木之下は「仙台育英をマークしたい」。

307日前に配信

選手たちが走っている1区はこんな風景が広がっています。

西大路四条交差点。北から南方向=京都市右京区で、川平愛撮影

307日前に配信

立命館宇治(京都)の三原梓が2キロ過ぎで集団から抜け出しました。三原はレース前「最初から積極的にレースを仕掛けたい」と語っていました。

307日前に配信

グリーンのユニホームが鮮やかな大分東明(大分)。井上監督は「流れが決まる1区がポイント」と話していました。

307日前に配信

第1中継所付近の沿道では、多くの人がスマートフォンなどを手にレースを見守り、選手たちを待っています。

307日前に配信

たけびしスタジアム京都を最初に出たのは興譲館(岡山)の森。森は「1区はいろんな高校のエースが出てくる区間。区間賞は価値がある」と話していました。

307日前に配信

女子がスタートしました。女子は5区間21.0975キロで争います。展開や話題を随時、このタイムラインで紹介します。ご期待ください。

307日前に配信

まもなくスタートです。

307日前に配信

女子1区(6キロ)は全体の3割弱を占める最重要区間。西大路通を走る4キロ過ぎにいったん下った後、1キロ超の上りが続きます。各校エースがどこで仕掛けるのか注目です。

女子オーダー表

307日前に配信

第1中継所では2区を走る選手たちが集合。緊張感が伝わります。

307日前に配信

競技場には朝から多くの観客が詰めかけています。スタートを待ちわびる会場の熱気が高まってきました。

307日前に配信

競技場では各区を走る選手が紹介されています。大勢の観客から声援が飛びました。

307日前に配信

前回大会では2秒差で8位入賞を逃した成田(千葉)。1区は松沢誠監督が「ラストスパートに強い」と評する山崎に託されました。

307日前に配信

女子第2中継所は準備も完了。選手の到着を待ちわびています。

307日前に配信

初出場の前回は全員が2年生以下で19位に食い込んだ女子の錦城学園(東京)。今大会は8位入賞を狙います。

307日前に配信

第1中継所付近では選手たちが続々とウォーミングアップを開始。本番に備えます。

307日前に配信

女子の折り返し地点でも着々と準備が進められています

307日前に配信

女子のスタート時間(午前10時20分)まで1時間を切りました。前日発表のオーダーから変更はありません。

オーダーリスト

307日前に配信

午前9時現在のコンディションは、天気は曇り、気温9.0度、湿度66%、東北東の風0.2㍍。いい気象条件で、好記録が期待されます!

307日前に配信

競技場の最寄りの阪急西京極駅は臨時改札口もオープンし、朝から多くの人が詰めかけています。

307日前に配信

女子5区の選手輸送バスが大勢に見送られて出発しました。

307日前に配信

高校生たちが繰り広げる都大路の熱いレースの様子をお伝えする全国高校駅伝タイムライン。女子の号砲が少しずつ迫ってきました。「花の1区」の展開を予想しました。

307日前に配信

神村学園は史上4校目となる連覇を達成できるのか。仙台育英立命館宇治興譲館など優勝をうかがうチームの行方は――。レースを展望します。

308日前に配信

「ワンチームで都大路を全力で駆け抜ける」。神村学園・中須瑠菜主将の力強い選手宣誓です。レース当日となる22日のタイムラインは、午前9時半ごろから開始する予定です。

308日前に配信

女子4区は3キロ。各区間で最も古い1996年の区間記録(埼玉栄・田中梨沙=8分59秒)が今も残っています。23年ぶりの記録更新はなるでしょうか。

全国高校駅伝のコース図(女子4区)

オーダーリスト

308日前に配信

女子最終の5区、注目は仙台育英の木村(3年)と立命館宇治の村松(2年)です。3000mの自己最高はいずれも9分台。神村学園の中須(2年)も前回2区で優勝に貢献しました。

全国高校駅伝のコース図(女子5区)

オーダーリスト

308日前に配信

女子3区は3キロと短いものの上りの多い難区間。優勝候補の仙台育英は清水(3年)、神村学園は黒川(2年)と前回と同じ選手をそろって起用。コースを経験している強みがあります。

全国高校駅伝のコース図(女子3区)

オーダーリスト

308日前に配信

男子で予選トップの仙台育英。菊地駿介主将は「チームの仕上がりには自信がある。優勝したい」と意気込んだ。

308日前に配信

男子で留学生を擁するのは7校。連覇を狙う倉敷ら5校は3区に起用しましたが、世羅は2年連続でムワニキ(2年)を4区に。仙台育英はディラング(2年)を珍しく6区に回しました。

全国高校駅伝のコース図(男子3区)

オーダーリスト

308日前に配信

留学生の起用区間で各校の特色が見えます。女子は前回優勝の神村学園ら5校が2区に置いて先行を狙う一方、青森山田だけ最終5区にエリザベス(3年)を回し終盤勝負にかけます。

全国高校駅伝のコース図(女子2区)

オーダーリスト

308日前に配信

2年ぶり6回目の都大路に臨む男子・須磨学園。選手たちが陸上を始めたきっかけはさまざまです。

308日前に配信

女子の「花の1区」の区間賞候補は、仙台育英・小海(2年)、立命館宇治・三原(2年)、長野東・高松(3年)らです。

全国高校駅伝のコース図(女子1区)

オーダーリスト

308日前に配信

男子は初出場が6校。東洋大牛久は2015年創部から5年目で初めての都大路行きを決めています。

308日前に配信

エースが集う1区。男子の区間賞は仙台育英・喜早(3年)、洛南・三浦(3年)、東農大二・石田(2年)、佐久長聖・鈴木(3年)、鎌倉学園・児玉(3年)らの争いが予想されます。

オーダーリスト

308日前に配信

奈良県の女子代表、智弁学園奈良の中西さくら選手。1年生からレギュラーとして都大路に出場してきた主将が、3回目の大舞台に臨みます。

308日前に配信

前回大会にアンカーで2位フィニッシュだった世羅の倉本主将(3年)は1区で区間賞を狙う。「昨年の悔しさを晴らす。1秒でも前でたすきを渡したい」

308日前に配信

男子エースがそろう1区の区間賞候補。鎌倉学園の児玉真輝選手は昨年1区5位。「去年はラスト1.5キロで体が動かなくなった。あそこで粘りたい」。

308日前に配信

錦城学園(東京)の増渕祐香選手は21日が誕生日。おめでとうございます。

308日前に配信

藤沢翔陵(神奈川)の金子伊吹選手は21日が誕生日。おめでとうございます。

308日前に配信

開会式では21日と22日が誕生日の選手たちに花束が贈呈されました。

308日前に配信

女子・立命館宇治の1区は三原梓選手。荻野総監督は起用理由について「強いからですわ」と一言。

308日前に配信

開会式直前に発表されたオーダー表。男女とも重要な鍵を握る「花の1区」を走るのはこちらの選手たちです。

オーダーリスト

308日前に配信

岩手県の男子代表は25年連続29回目の一関学院です。最後まで諦めたくない。チームのスローガンは「不撓不屈」です。

308日前に配信

女子の仙台育英1区小海遥選手は昨年、大会2日前に故障が発覚し出場を断念。「今年は1区を走りたいと思っていた。優勝するため区間賞は絶対だと思っている」。

308日前に配信

男子の倉敷は、前回優勝の立役者となった3選手が順当に主要区間に。前回3区区間賞のキプラガット選手(3年)は今年も3区。

308日前に配信

仙台育英・男子は、外国人留学生のムチリ・ディラング選手(2年)を6区で起用。日本人選手が好調なこともあるが、真名子圭監督は「ディラングの調子もいい。6区は面白い」。

308日前に配信

選手宣誓は女子・神村学園の中須瑠菜選手。「明日を生きる力を感じてもらえるよう、ワンチームで都大路を駆け抜けます」

308日前に配信

男子エースがそろう1区の区間賞候補。東農大ニの石田洸介選手は11月の記録会で5000メートル13分51秒の自己ベスト。「ハイペースでもスローでも対応できるようプランはある」。

308日前に配信

男子エースがそろう1区の区間賞候補。埼玉栄の白鳥哲汰選手は昨年の区間賞。「インターハイも諦めてその分駅伝にかけてきた。同世代に自分が一番強いと見せつけたい」。

308日前に配信

前回大会女子優勝の神村学園(鹿児島)。ケニア人留学生のシンシア選手を2区で起用。5区を走るプランもありましたが、前半でリードを奪い、先行逃げきりを図る構え。

308日前に配信

女子2年ぶり優勝を目指す仙台育英は昨年1区だったエース木村梨七選手(3年)をアンカーに起用。エスタ・ムソニ選手(3年)は故障上がりのためエントリーの8人にも入っていない。

308日前に配信

男子の佐久長聖で2年前の優勝メンバーだった鈴木芽吹主将(3年)はエース区間の1区、富田陸空選手はアンカー起用。鈴木主将は「区間賞でチームを勢いづけたい」と意気込み、富田選手は「スピードに

308日前に配信

前回大会優勝の男子・倉敷の新雅弘監督は「1区のエース・石原翔太郎(3年)がどんな走りをするかに尽きる。3区のフィレモン・キプラガット(2年)の調子は普段通り。後半区間で粘ってほしい」。

308日前に配信

あすのレースのオーダーが発表されました。

オーダーリスト

308日前に配信

男子で都道府県予選トップのタイムをマークした仙台育英。二枚看板の喜早駿介選手は1区、吉居大和選手は3区を走ります。留学生のディラング選手は6区。層の厚さを感じさせる区間配置です!

308日前に配信

女子・立命館宇治はアンカーに村松灯選手。9月に左足を骨折し本格復帰は12月頭ですが間に合いました。「不安はあるが今までの練習を信じて、何が何でもたすきを運ぶ」

308日前に配信

開会式がスタートしました。

308日前に配信

スタンドも観客やチーム関係者でぎっしりです。

308日前に配信

開会式までの待ち時間は監督、選手への貴重な取材時間。開会直前になったため、ロープの外へ誘導されました。まもなく始まります。

308日前に配信

男子で2年ぶり優勝を狙う佐久長聖(長野)。高見沢勝監督は「補欠も含め10人全員が100%で誰を外すか迷うほど。監督になってから一番の仕上がり」。

308日前に配信

開会式の司会は嵯峨野高校2年の大澤咲月さん(右)と福知山高校2年の伊藤ひかりさんです。

308日前に配信

昨年は惜しくも9位で入賞を逃した女子・成田(千葉)。エース風間歩佳選手(3年)を中心に上位を狙います。

308日前に配信

2年ぶりに出場の諫早(女子)。藤永佳子監督は「落ち着こうとチームで話している。1区で流れに乗れるかどうか」「8位入賞を目標に掲げているので、そこに近づきたい」

308日前に配信

過去の優勝校など大会の歴史や出場選手を掲載したプログラムを販売中です。プログラムは1000円、データ資料集は500円。セット販売なら1300円とお得です。

308日前に配信

開会式前に各チームが競技場前で記念撮影をしています。こちらは長崎代表の男子・松浦高校と女子・諫早高校です。

308日前に配信

レース発着点となるたけびしスタジアム京都の前に、大会特別協賛のSGホールディングスによるフィニッシュゲートを模したフォトブースが登場。開会式を控えた選手たちが、さっそく記念撮影です。

308日前に配信

女子に出場する地元京都の立命館宇治。歴代最多タイとなる4回目の優勝を目指すチームを引っ張るのは2年生コンビです。

308日前に配信

開会式は午後3時から競技場近くのハンナリーズアリーナで行われます。演奏するブラスバンドの生徒たちの練習にも熱がこもっています。

308日前に配信

都大路に男女ともに臨む豊川(愛知)。地元・豊川市役所もツイッターで熱い声援です。

308日前に配信

開会式は午後3時から競技場近くのハンナリーズアリーナで行われます。会場では司会を務める高校生がリハーサルをしています。

308日前に配信

代表校の監督会議が午後1時に始まりました。京都市市民スポーツ会館の一室には各チームの監督が集まっています。

308日前に配信

競技場入り口に「足跡」を残している五輪金メダリストの高橋尚子さん。その母校県岐阜商が今回初出場します。

308日前に配信

競技場の入り口付近には、かつて都大路を走った五輪メダリストの選手の足形も。有森裕子さん、高橋尚子さん、野口みずきさんです!

308日前に配信

いよいよ明日、師走の都大路を駆け抜ける全国高校駅伝が開催されます。発着点となる西京極陸上競技場では、準備が急ピッチで進んでいます。

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  2. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  3. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

  5. 大阪・万博記念公園の遊歩道で倒木 40代の頭を直撃、負傷 樹齢50年で腐食

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです