メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪震度6弱 :住宅被害は計6925棟 地震1週間(共同通信)

大阪北部を襲った最大震度6弱の地震は25日で発生から1週間となり、大阪、京都、奈良、兵庫の2府2県で住宅被害が計6925棟で確認された。ガスや水道などのライフラインや主要な鉄道網は復旧。大阪モノレールは部品の落下の恐れがあるとして24日は全線運休となったが、25日には問題のあった車両を除き、通常より本数を減らして全線で運転を再開させた。各自治体では罹災(りさい)証明書の受け付けが始まっており、被災者の生活再建が今後の課題となる。(共同通信)2018年6月25日公開

関連記事を読む