メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森友:「首相夫妻、真実を」 籠池被告、夫妻で保釈

学校法人「森友学園」(大阪市)を巡る補助金詐欺事件で、詐欺罪などで勾留されていた前学園理事長の籠池泰典(65)と、妻諄子(61)の両被告が25日、10カ月ぶりに保釈された。大阪市内で記者会見した籠池被告は、国有地取引に安倍晋三首相の妻昭恵氏の影響があったことを改めて示唆。捜査批判を繰り返す一方、起訴内容に関する自身の認否については明言を避けた。【撮影・松崎進】2018年5月26日公開

関連記事を読む