メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

那覇市長選 辺野古反対の現職・城間幹子氏が再選(共同)

任期満了に伴う那覇市長選が21日投開票され、無所属現職の城間幹子氏(67)が、無所属新人で元県議の翁長政俊氏(69)=自民、公明、維新、希望推薦=を破り、再選を果たした。城間氏は、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設計画に反対する玉城(たまき)デニー知事や、移設反対の政党や企業、団体などでつくる「オール沖縄」勢力から支援を受けた。一方、自民県連会長を務めた翁長氏を安倍政権が推し、9月の知事選と同じ構図で争われた。(共同通信)2018年10月22日公開

関連記事を読む

ニュース

もっと見る