メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NHK受信料制度は「合憲」・最高裁が初判断

NHKの受信料制度が憲法が保障する「契約の自由」に反するかどうかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は6日、制度を「合憲」とする初判断を示した。国民が公平に財源を負担してNHKを支える制度の合理性を司法が認めた形となる。今後の公共放送のあり方を巡る議論や、約900万世帯に上る未契約者からの受信料徴収にも影響を与えそうだ。【撮影・後藤由耶】2017年12月6日公開

関連記事を読む

再生数上位の動画