メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

陸自ヘリ墜落:ドライブレコーダーが捉える(提供映像)

民家に陸上自衛隊のAH64D戦闘ヘリコプターが墜落した事故で、防衛省は6日、飛行前の整備で同機のメインローター(主回転翼)の接続部を交換していたことを明らかにした。主回転翼が外れた状態で落下したという目撃証言があり、事故は整備不良が原因だった可能性がある。また、同機が墜落の5分前に管制官と交信していたことも判明。その後にトラブルが発生したとみられ、陸自の事故調査委員会が原因を調べている。(佐賀城北自動車学校提供)2018年2月6日公開

関連記事を読む

ニュース

もっと見る

再生数上位の動画