メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パレスチナ:朗読会「ヒロシマの孫たち」

パレスチナの小さな劇場で6日、地元の若者たちによる朗読会「ヒロシマの孫たち」があった。観客約150人の大半は小・中学生。日本の子供らが被爆者から聞き取った証言を劇作家の瀬戸山美咲さん(37)が脚本化。英語やアラビア語に訳された。【撮影・大治朋子】

関連記事を読む

ニュース

もっと見る

再生数上位の動画