メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米乱射: 「先生は動かなくなった」高校生、恐怖語る

「先生はドアの前に倒れていた。手が震えていたけど、だんだんと動かなくなった」。米南部フロリダ州パークランドの高校で17人が死亡した銃乱射事件から一夜開けた15日朝(現地時間)、目撃者が毎日新聞の取材に当時の恐怖を語った。【撮影・國枝すみれ】2018年2月16日公開

関連記事を読む

ニュース

もっと見る

再生数上位の動画