メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災7年:集落の誇り 民俗芸能を守りたい

東北の太平洋沿岸部に伝わる数多くの個性豊かな民俗芸能は、東日本大震災とその後の東京電力福島第1原発事故で深刻な影響を受けた。集団移転や人口流出による担い手不足などから活動の継続が困難になる団体も少なくない。集落の誇りを守ろうと模索する人たちの姿を追った。【撮影・喜屋武真之介】2018年3月8日公開

関連記事を読む

ニュース

もっと見る

再生数上位の動画