メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

終戦の日:天皇陛下が最後の参列 全国戦没者追悼式

終戦から73年となる15日、政府主催の全国戦没者追悼式が東京都千代田区の日本武道館で開かれた。来年4月の退位を控え、最後の参列となる天皇陛下はおことばで、「戦後の長きにわたる平和な歳月に思いを致しつつ」と新たに述べられ、戦争について戦後70年の2015年から4年続けて「深い反省」との表現を用いて平和を祈る気持ちを示した。【撮影・丹治重人】2018年8月15日公開

関連記事を読む

ニュース

もっと見る

再生数上位の動画