メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会:柔道男子100キロ級、飯田が金 16年ぶり

ジャカルタ・アジア大会は第14日の31日、柔道の男子100キロ級が行われ、20歳の飯田健太郎(国士舘大)が決勝で趙グハム(韓国)を降して、金メダルを獲得した。【撮影・宮間俊樹】2018年8月31日公開

関連記事を読む

ニュース

もっと見る

再生数上位の動画