メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風21号 :最強クラスの勢力 四国沖北上 昼ごろ最接近

非常に強い台風21号は4日午前、四国沖を北上した。昼ごろに四国から紀伊半島にかけて最接近し、上陸する見通し。非常に強い勢力を保ったまま上陸すれば、死者・行方不明者48人を出した1993年の台風13号以来25年ぶりとなる。西日本を中心に各地は猛烈な雨や風に見舞われる可能性が高く、気象庁は暴風や高波、土砂災害への厳重な警戒を呼びかけるとともに、早めの避難を促している。【撮影・山田尚弘 山崎一輝 梅田麻衣子 小出洋平】2018年9月4日公開

関連記事を読む

ニュース

もっと見る

再生数上位の動画