メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外関脇・御嶽海が初優勝 日本出身力士では稀勢の里以来

エジプト: 大王の石棺?中から3体のミイラ(ロイター)

エジプト北部アレクサンドリアで今月、アパート建設現場から巨大な石棺が見つかり、古代マケドニアのアレクサンドロス大王の遺体が納められている可能性が指摘された。地元メディアによると、同国考古省が調査した結果、中に入っていたのは約2000年前の3体のミイラで、家族らしいことが判明した。ロイター通信は「希望は打ち砕かれた」と報じた。矢が刺さったとみられる跡が骨に残っており、兵士との見方もある。(ロイター)2018年7月21日公開

関連記事を読む

国際

もっと見る