メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

ベテラン専門記者による日替わりコラム。金曜日はパリ、ローマで支局長を歴任してきた西川恵客員編集委員が欧州の「いま」を解説します。

  • クルド人の悲劇=西川恵

     <kin-gon> トルコ軍がシリア北部のクルド人勢力への攻撃を開始した。クルド人といっても日本人にはなじみが薄い。トルコ、イラン、シリアなどにかけた地域に住…

  • シラク氏を助けた日本=西川恵

     <kin-gon> 86歳で死去したフランスのシラク元大統領の国葬が9月30日行われた。クリントン米元大統領、プーチン露大統領など、各国から弔問客が参列した。…

  • イラン料理への執着=西川恵

     <kin-gon> 味覚というものは、さまざまな懐かしい記憶を呼び起こすものだと、個人的体験から思う。 今年6月、安倍晋三首相が米・イランの仲介外交でイランを…

  • 30年前の既視感

     <kin-gon> 30年前の1989年2月、私はアフガニスタンの首都カブールの空港で、ソ連軍(当時)の輸送機が飛び立つのを見送った。ソ連がアフガンに軍事介入…

  • 米外交の二重基準=西川恵

     <kin-gon> 強硬派のボルトン米大統領補佐官の解任によって、米国の北朝鮮とイランに対する政策は変わるのだろうか。 核問題を抱える両国へのこれまでの米国の…

  • 英首相VS議会=西川恵

     <kin-gon> 栄光ある歴史と伝統をもつ英保守党が分裂の危機にある。英国の欧州連合(EU)からの離脱(ブレグジット)の期限を延期する法案を巡り、ボリス・ジ…

  • 新しいG7の形=西川恵

     <kin-gon> 仏ビアリッツでの主要7カ国首脳会議(G7サミット)は、議長を務めたマクロン仏大統領の主導力で、新しいサミットの形を作ったように思う。197…

  • 二つのG7サミット=西川恵

     <kin-gon> フランス南西部のビアリッツで24~26日、主要7カ国首脳会議(G7サミット)が開かれる。30年前の1989年のG7サミットもフランスが議長…

  • 慰霊の「脱戦後」へ=西川恵

     <kin-gon> 新天皇、皇后両陛下が出席されて初めての全国戦没者追悼式。式典の厳粛さはこれまでと変わらなかったが、両陛下と上皇ご夫妻が背負ってきたものの違…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. マスク着用や消毒を徹底 水害後の感染症に警戒を

  3. 千曲川決壊、過去最大の水量による水圧 越水も重なる 台風19号

  4. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  5. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです