毎日新聞
毎日新聞ニュースアプリを今すぐ無料ダウンロード

毎日新聞ニュース
アプリを
使いやすくリニューアル

毎日新聞ニュースアプリを使いやすくリニューアル

さまざまなジャンルへ
アクセスしやすいメニュー

上部にタブを集約し、細かいジャンルへの
アクセスがスムーズに。
さらに!タブは任意で入れ替えられるので
自分好みにカスタマイズが出来ます。
さまざまなジャンルへアクセスしやすいメニュー
入れ替え可能で便利 入れ替え可能で便利
ジャンルが探しやすい ジャンルが探しやすい

特集・連載で
「あの人が書いた記事」
も探せる

「特集タブ」には、特集、連載の他にプレミアや
毎日小学生新聞などの新聞以外の媒体もまとまっています。
さらに、筆者ごとでも記事が集約されているので
「あの記者が書いた記事が読みたい!」という時も
すぐに探すことができます。
特集・連載で「あの人が書いた記事」も探せる
筆者ごとに探せる 筆者ごとに探せる
他媒体も読める 他媒体も読める

紙面を読むように
朝刊夕刊を
まとめ読みできる

アプリでも紙面を読んでいる時と同じ感覚で
朝夕刊が読めます。
日付で絞り込むことも可能です。
紙面を読むように朝刊夕刊をまとめ読みできる

さらに「マイニュース」が
「マイページ」へリニューアル!

※毎日新聞ニュースサイトからもご覧になれます
より充実した4つの機能が加わりました!
FUNCTION01
「あの連載どうなった?」
そんなときにフォローした
連載や特集の新着チェック機能
フォローした気になる特集・連載・筆者の新着記事だけを一覧でチェックできるから短時間でまとめ読みできます。
新着チェック機能
新着記事だけ表示 新着記事だけ表示
FUNCTION02
情報収集の偏りがひと目で分かる
あなたのニュース閲覧傾向を
グラフ化
無意識に自分の興味から好きな記事を収集しがち。この機能があると、あなたの読んだ記事の傾向を自動的にグラフ化するから、偏りなく情報を収集できているか振り返ることができます。
グラフ化
ひと目でわかる ひと目でわかる
FUNCTION03
仕事や学習の効率化ができる
ニュース記事の保存機能
記事に出てくる話題の書籍や論文など、気になる情報をメモしておきたい。
そんなときに便利なニュースの保存機能。
URLだけでなく文章も残せるから、使いたい箇所だけをコピーしてメモに残しておくことができます。
保存機能
メモも残せる保存機能 メモも残せる保存機能
FUNCTION04
前に見た記事を見つけたい
ニュースサイト・アプリの閲覧履歴
閲覧履歴
会議や打ち合わせ先で、過去に読んだ記事の内容を話したいけど見当たらない。
そんなときサイトとアプリ両方の閲覧履歴機能があれば、遡って探すことができます。
保存機能
履歴がすぐ見られる 履歴がすぐ見られる