中村吉明

中村吉明

専修大学経済学部教授

 1962年生まれ。87年、通商産業省(現経済産業省)入省。環境指導室長、立地環境整備課長などを経て、2017年から現職。専門は産業論、産業政策論。主な著書に「AIが変えるクルマの未来」(NTT出版)、「これから5年の競争地図」(東洋経済新報社)など。

イチ押しコラム

職場のトラブルどう防ぐ?
 

再び緊急宣言で相談増「雇用調整助成金はもらえる?」

 A男さん(52)は、従業員数約50人の業務システム開発会社を東京都内で経営しています。国が緊急事態宣言を再発令したため、従業員の…

ニッポン金融ウラの裏
新型コロナウイルスに関するニュースが電光掲示板に流れる中、新宿・歌舞伎町を歩く人々=東京都新宿区で2021年1月6日、西夏生撮影

コロナに耐える経営者が激怒「東京都公社の案内状」

 新型コロナウイルス感染問題の深刻化に伴う経済活動の悪化によって、多くの企業が苦悩し、事業継続に向けて懸命の努力を続けている。その…

知ってトクするモバイルライフ
4万円を切る見込みの「アクオスセンス5G」。家に着くと自動でテザリングが有効になる機能を搭載。5G契約で多く採用されている容量無制限を生かせる

「3万~4万円台5Gスマホ」クアルコム新チップで続々

 5Gは昨年にサービスが始まったが、対応するスマートフォンの普及はこれからだ。2021年は、5G対応の中位機のバリエーションがさら…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
インタビューに答える藻谷浩介さん=藤井太郎撮影

藻谷浩介氏「ナゴルノカラバフ紛争に絡む大国の力学」

 ◇藻谷浩介氏に聞く(3) 世界で最近話題になった国や出来事について、藻谷浩介さんが本連載でこれまで執筆した内容に関連して語っても…

メディア万華鏡
「シスターフッド」とは女性同士の連帯や絆を指す

女性同士が連帯する「シスターフッド」の新たな動き

 弱い立場から語り、権力におもねらず、「シスターフッドが大切!」と本気で語る政治家の存在に、どれほど励まされたことだろう--作家の…