中村智彦

中村智彦

神戸国際大学教授

1964年、東京都生まれ。88年、上智大学文学部卒業。96年、名古屋大学大学院国際開発研究科博士課程修了。外資系航空会社、シンクタンクで勤務。大阪府立産業開発研究所、日本福祉大学経済学部助教授を経て、現職。専門は中小企業論と地域経済論。中小企業間のネットワーク構築や地域経済振興のプロジェクトに数多く参画し、TBS系「坂上&指原のつぶれない店」にも出演。

イチ押しコラム

職場のトラブルどう防ぐ?
 

28歳看護師を追い詰める「思いやり」という病院の方針

 A子さん(28)は地方都市の総合病院で働く独身の看護師です。4年制大学を出て看護師試験に合格し、これまで必死に働いてきました。し…

知ってトクするモバイルライフ
サムスン電子の旗艦モデル「ギャラクシーS20」シリーズ。左からギャラクシーS20、同ウルトラ、同プラス

サムスン「Galaxy S20」5Gはもう特別じゃない

 サムスン電子は、米サンフランシスコで2月11日(現地時間)、旗艦モデルの「ギャラクシー(Galaxy)S20」シリーズを発表した…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
ビシケクの都心に建つマナス王の像と国旗(写真は筆者撮影)

トルコ系東端の国「キルギス」緑多い首都ビシケク

 ◇中央アジア編(10) 天山山脈の西側にあって、唐代に玄奘三蔵(げんじょうさんぞう)も訪れたキルギスの地は、旧ソ連が鉄のカーテン…

ニッポン金融ウラの裏
東京都江東区で2018年4月1日、丸山博撮影

銀・証分離の名残「銀行の証券子会社」迫られる変革

 銀行業界で、系列の証券子会社の位置づけを見直そうという声が出始めている。現在、メガバンクなど大手銀行は、持ち株会社の下に銀行子会…

メディア万華鏡
東京都中央区の歌舞伎座=小川信撮影

中村福助の淀殿好演で考えた「障がい者の当たり前」

 舞台に置かれた御堂の御簾(みす=貴人が使うすだれ)が開くと、淀殿、秀頼、そして智仁親王が姿を現した。2020年1月、歌舞伎座「壽…