冷泉彰彦

冷泉彰彦

作家・ジャーナリスト

1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。米ニュージャージー州在住。プリンストン日本語学校高等部主任。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。近著に「民主党のアメリカ 共和党のアメリカ」(日本経済新聞出版社)など。メールマガジン「JMM」および「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

イチ押しコラム

知ってトクするモバイルライフ
iPadエアはデザインを一新。iPadでは最も多い5色を用意したのも注目ポイント

新「iPadエアとアップルウオッチ」機能進化の狙い

 アップルは9月16日、オンラインで製品発表会を開き、iPadとアップルウオッチの新モデルをそれぞれ2機種発表した。例年、この時期…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
世界遺産のキト旧市街。正面に見えるパネシージョの丘の上には天使の像が立つ(写真は筆者撮影)

エクアドル首都キト「インカ」の名残なき“常春の街”

 ◇南米アンデス古代文明編(6) エクアドル。スペイン語で「赤道」。赤道直下の熱帯の山麓(さんろく)で育つ同国産のバナナは、日本で…

ニッポン金融ウラの裏
政府に抗議し、幹線道路を金融街・中環(セントラル)に向けて行進する市民=香港・銅鑼湾で2019年12月8日、福岡静哉撮影

国際金融センター「香港の受け皿」日本は難しい理由

 国際金融センター構想の論議が再燃している。東京都の小池百合子知事が東京の国際金融センター化に向けた議論を続けてきているが、これと…

メディア万華鏡
今年2月の発売以降、「『育ちがいい人』だけが知っていること」は書店で人気だ=東京都内で2020年9月2日撮影

なぜ売れる? 「育ちがいい人」を読んでわいた疑問

 「どうせオイラは育ちが悪いよ、ケッ」と、ライターの永江朗さんは、この本を初めて本屋で見かけた時、マジむかついたそうだ。私も本屋で…

職場のトラブルどう防ぐ?
 

28歳育休女性が困り果てる「子供が保育所に入れない」

 会社員のA香さん(28)は育児休業中です。子供が2歳になる今年9月から職場復帰する予定ですが、保育所が見つからず困り果てています…