冷泉彰彦

冷泉彰彦

作家・ジャーナリスト

1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。米ニュージャージー州在住。プリンストン日本語学校高等部主任。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。近著に「民主党のアメリカ 共和党のアメリカ」(日本経済新聞出版社)など。メールマガジン「JMM」および「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

イチ押しコラム

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
高速道路と通勤列車が縦断するテルアビブの都心(写真は筆者撮影)

イスラエル・テルアビブへ“杞憂”に終わった入国審査

 ◇イスラエル編(1) イスラエル。行っていいのか、行かない方がいいのか、よくわからない国。戦争中なのか平和なのか。自由に動けるの…

メディア万華鏡
香取慎吾さんがキャラクターを務める「お母さん食堂」=ファミリーマートの公式サイトから

ファミマ「お母さん食堂」めぐり高校生が考えたこと

 食事を作るのはお母さんだけですか?--ファミリーマートの総菜シリーズ「お母さん食堂」について、京都、兵庫、岡山の高校生が署名運動…

職場のトラブルどう防ぐ?
 

再び緊急宣言で相談増「雇用調整助成金はもらえる?」

 A男さん(52)は、従業員数約50人の業務システム開発会社を東京都内で経営しています。国が緊急事態宣言を再発令したため、従業員の…

ニッポン金融ウラの裏
新型コロナウイルスに関するニュースが電光掲示板に流れる中、新宿・歌舞伎町を歩く人々=東京都新宿区で2021年1月6日、西夏生撮影

コロナに耐える経営者が激怒「東京都公社の案内状」

 新型コロナウイルス感染問題の深刻化に伴う経済活動の悪化によって、多くの企業が苦悩し、事業継続に向けて懸命の努力を続けている。その…

知ってトクするモバイルライフ
4万円を切る見込みの「アクオスセンス5G」。家に着くと自動でテザリングが有効になる機能を搭載。5G契約で多く採用されている容量無制限を生かせる

「3万~4万円台5Gスマホ」クアルコム新チップで続々

 5Gは昨年にサービスが始まったが、対応するスマートフォンの普及はこれからだ。2021年は、5G対応の中位機のバリエーションがさら…