勝田友巳

勝田友巳

毎日新聞学芸部長

1965年、茨城県出身。北海道大文学部卒。90年毎日新聞に入社し、松本支局、長野支局などを経て、東京本社学芸部。映画を担当して15年、新作映画を追いかける一方、カンヌ、ベルリンなど国際映画祭や撮影現場を訪ね、映画人にも話を聞いて回る日々。毎日新聞紙面で「京都カツドウ屋60年 馬場正男と撮影所」「奇跡 軌跡 毎日映コン70年」の、2本の映画史ものを連載中。

イチ押しコラム

知ってトクするモバイルライフ
台湾ASUSの「ノヴァゴー」。画面が回転してキーボードと背中合わせに

スマホのCPU搭載の新型パソコンは「電池超長持ち」

 米ハワイで開催された報道陣向けのイベント「スナップドラゴン・テック・サミット」で、半導体メーカーのクアルコムは、スマホ用の中央演…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
奇抜なデザインの光州松汀駅(写真は筆者撮影)

「韓国KTX」の融通無碍な始発駅・路線運用の賢さ

 ◇韓国高速鉄道編(1) 「飛行機に対抗できる都市間高速鉄道」というジャンルを、1964年開業の東海道新幹線が切り開いて半世紀。日…

世界透視術

「中国浸透インド反発」ネパール総選挙に世界が大注目

 ネパール総選挙が始まった。ヒマラヤ山中の国ネパールのニュースを、珍しく日本の新聞が大きく報道している。2015年に起きたネパール…

メディア万華鏡
「開かれた新聞委員会」で議論する吉永みち子委員(左手前)ら=2017年10月11日、宮間俊樹撮影

「何でもかんでも両論併記」は言論空間をダメにする

 最近、「この問題で両論併記するのはおかしい」と感じることが多い。選挙でやたらに「公平公正」が叫ばれたせいかもしれない。 毎日新聞…

職場のトラブルどう防ぐ?

別室で女性関係を自慢した45歳課長の「人権侵害」

 A子さん(35)は、ある会社の経理課で主任を務めています。最近、同課の契約社員B美さん(32)に元気がないのが気になっていました…