勝田友巳

勝田友巳

毎日新聞学芸部長

1965年、茨城県出身。北海道大文学部卒。90年毎日新聞に入社し、松本支局、長野支局などを経て、東京本社学芸部。映画を担当して15年、新作映画を追いかける一方、カンヌ、ベルリンなど国際映画祭や撮影現場を訪ね、映画人にも話を聞いて回る日々。毎日新聞紙面で「京都カツドウ屋60年 馬場正男と撮影所」「奇跡 軌跡 毎日映コン70年」の、2本の映画史ものを連載中。

イチ押しコラム

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
旧ユーゴ時代を象徴する“迷車”「ユーゴ」。後ろの市電もたまたま旧型車(写真は筆者撮影)

クロアチア・ザグレブで思うセルビアとの民族紛争

 ◇旧ユーゴ諸国とアルバニア編(2) 「六つの共和国、五つの民族、四つの言語、三つの宗教、二つの文字を持つ、一つの国家」と称してい…

メディア万華鏡
婚約内定の記者会見を終えられた眞子さまと小室圭さん=東京・赤坂東邸で2017年9月3日(代表撮影)

「眞子さま結婚延期」猛進する週刊誌と新聞の“沈黙”

 眞子さまと小室圭さんの結婚延期。そのワケについては週刊誌の独壇場だ。直近の2月22日発売の週刊新潮は「宮内庁を決意させた『小室家…

世界透視術
平昌五輪で国旗を手に声援を送る北朝鮮の応援団=2018年2月14日、佐々木順一撮影

北朝鮮応援団が「金日成仮面」で歌った“口笛”の意味

 平昌の冬季五輪は結局、北朝鮮の政治宣伝の場となった。金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の妹、金与正(ヨジョン)氏が兄の特…

職場のトラブルどう防ぐ?

33歳契約社員が「正社員転換」でガッカリしたワケ

 A子さん(33)はある会社で営業事務として働く女性です。5年前に契約社員として入社しました。2017年秋に、勤続3年以上の契約社…

知ってトクするモバイルライフ
HISと日本通信が合弁でHISモバイルを設立

HISが仕掛ける海外旅行用「500円SIM」の目算

 格安スマホ(MVNO=仮想移動体通信事業者)の老舗の日本通信が、旅行大手のHISとタッグを組み、通信サービスを開始した。日本通信…