印束義則

印束義則

ライター

1966年福岡県生まれ。飲食店専門誌を多数発行する旭屋出版で「すしの雑誌」など専門誌、ムック編集に携わり、独立後はライターとして幅広く活躍。これまでに取材した飲食店は2000店以上、ローカル立地の繁盛店などニッチな飲食店情報に強い。「月刊近代食堂」(旭屋出版)に「ローカル実力店の強さの秘訣」「繁盛店を作るメニュー表」、「日本外食新聞」(外食産業新聞社)に「二等立地…地方立地…ありえない立地 印束義則の繁盛店実況中継」を連載中。

イチ押しコラム

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
南鑼鼓巷はおしゃれな店が並ぶ北京の“原宿・竹下通り”(写真は筆者撮影)

北京の“原宿・竹下通り”を藻谷氏目線で東京と比較

 ◇アジアのメガシティーこぼれ話編(1) 2019年8月初旬。モンゴルの首都ウランバートルに向かった筆者は、乗り換え地の北京に1泊…

職場のトラブルどう防ぐ?
 

「上司と相性悪く憂鬱」25歳女性の適応障害は労災か

 A子さん(25)は金融関連会社で営業事務をしています。直属の上司との相性が悪く、強いストレスを感じていました。ある朝、自宅の玄関…

知ってトクするモバイルライフ
HarmonyOS 2を搭載したタブレットのMatePad 11。ペンやキーボードでの入力にも対応

ファーウェイ「米制裁対応の新OS」何が変わる?

 ファーウェイは、米国の制裁によって、グーグルのアプリやアプリストアに対応したアンドロイドOSをスマートフォンやタブレットに採用で…

メディア万華鏡
頭髪を気にする男性は多い

男らしさが試される?「ハゲ」めぐる男社会の考察

 前回に続き「ヘア」の話。と言っても、男性の頭のそれ、だ。 「額が後退している。苦労が多いのね」。新型コロナウイルスの感染拡大で緊…

ニッポン金融ウラの裏
 

オレオレ詐欺「次の標的」はネットバンキング!?

 銀行業界ではインターネットバンキングの利用拡大を目指す動きが加速中だ。窓口や現金自動受払機(ATM)で送金するより格段に安い手数…