印束義則

印束義則

ライター

1966年福岡県生まれ。飲食店専門誌を多数発行する旭屋出版で「すしの雑誌」など専門誌、ムック編集に携わり、独立後はライターとして幅広く活躍。これまでに取材した飲食店は2000店以上、ローカル立地の繁盛店などニッチな飲食店情報に強い。「月刊近代食堂」(旭屋出版)に「ローカル実力店の強さの秘訣」「繁盛店を作るメニュー表」、「日本外食新聞」(外食産業新聞社)に「二等立地…地方立地…ありえない立地 印束義則の繁盛店実況中継」を連載中。

イチ押しコラム

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
奇抜なデザインの光州松汀駅(写真は筆者撮影)

「韓国KTX」の融通無碍な始発駅・路線運用の賢さ

 ◇韓国高速鉄道編(1) 「飛行機に対抗できる都市間高速鉄道」というジャンルを、1964年開業の東海道新幹線が切り開いて半世紀。日…

世界透視術

「中国浸透インド反発」ネパール総選挙に世界が大注目

 ネパール総選挙が始まった。ヒマラヤ山中の国ネパールのニュースを、珍しく日本の新聞が大きく報道している。2015年に起きたネパール…

知ってトクするモバイルライフ

好調ワイモバイル「タダ学割」と新端末で春商戦

 格安スマホ市場でトップシェアを独走するのが「ワイモバイル」だ。ワイモバイルはソフトバンクのサブブランド。大手通信事業者が直接運営…

メディア万華鏡
「開かれた新聞委員会」で議論する吉永みち子委員(左手前)ら=2017年10月11日、宮間俊樹撮影

「何でもかんでも両論併記」は言論空間をダメにする

 最近、「この問題で両論併記するのはおかしい」と感じることが多い。選挙でやたらに「公平公正」が叫ばれたせいかもしれない。 毎日新聞…

職場のトラブルどう防ぐ?

別室で女性関係を自慢した45歳課長の「人権侵害」

 A子さん(35)は、ある会社の経理課で主任を務めています。最近、同課の契約社員B美さん(32)に元気がないのが気になっていました…