土屋武之

土屋武之

鉄道ライター

1965年、大阪府豊中市生まれ。大阪大学で演劇学を専攻し、劇作家・評論家の山崎正和氏に師事。出版社勤務を経て97年に独立し、ライターに。2004年頃から鉄道を専門とし、雑誌「鉄道ジャーナル」のメイン記事などを担当した。東日本大震災で被災した鉄道路線の取材を精力的に行うほか、現在もさまざまな媒体に寄稿している。主な著書に「ここがすごい!東京メトロ」(交通新聞社)、「きっぷのルール ハンドブック」(実業之日本社)など。

イチ押しコラム

知ってトクするモバイルライフ
新型コロナウイルスの影響で初のオンライン開催となったWWDC。ティム・クック最高経営責任者は「すべてのプラットフォームが飛躍的に進化する」と自信をみせた

「アップル新OS」ティム・クック氏が変えた三つの力点

 アップルは6月23日、開発者向けイベントのWWDC(世界開発者会議)を開催し、iPhone、iPad、Macに搭載する基本ソフト…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
人口当たりの陽性判明者数を低位に抑えているオーストラリア(メルボルンの都心商店街、2018年12月20日、筆者撮影)

「日本にコロナ第2波は本当に来る?」藻谷氏の考察

 ◇新型コロナの地政学(7) 新型コロナウイルスの毎日の陽性判明者数がおおむね60人程度と、4月中旬の10分の1になった日本。入院…

メディア万華鏡
衆院選の街頭演説に集まる聴衆=東京都豊島区で2017年10月21日、渡部直樹撮影

フジ産経「世論調査不正」で考えた“公正”とは何か

 「フジサンケイやっちゃいましたね」。友人からこんなメールがきた。私は毎日新聞社で世論調査室長をやっていたので、「新聞社の世論調査…

ニッポン金融ウラの裏
参院決算委員会で「持続化給付金」事業の給付状況についての質問に答える安倍晋三首相=国会内で2020年6月15日、竹内幹撮影

「経済安定本部」まねた“コロナ対応本部”の議論を

 新型コロナウイルスは感染の急拡大が収まってきた。抜本的な解決ではないものの、国内に広がった一時の危機的なムードは薄らいでいる。そ…

職場のトラブルどう防ぐ?
 

「入社後すぐテレワーク」27歳新人女性どう育てる?

 税理士のA美さん(45)はスタッフ7人の税理士事務所を経営しています。新型コロナウイルスの緊急事態宣言が出た4月に、その対応とし…