大澤文護

大澤文護

千葉科学大学教授

1957年東京生まれ。1980年毎日新聞社入社。1997~2002年ソウル特派員、04~08年マニラ支局長、09~11年ソウル支局長、11~13年毎日新聞東京本社編集編成局編集委員。2013年10月から現職。

イチ押しコラム

職場のトラブルどう防ぐ?
 

夢追う25歳女性「掛け持ちバイト激減」を救う給付金

 A美さん(25)は、帽子職人として独り立ちすることを目指しています。生計を維持するために、都心部の複数の飲食店でアルバイトを掛け…

知ってトクするモバイルライフ
高画素カメラや大容量バッテリーを搭載し価格を2万円台半ばに抑えた「モトg9プレー」

モトローラ「2万4800円新スマホ」その実力は?

 モトローラ・ジャパンは10月26日、中位機のスマートフォン「モトg9プレー」「モトgプロ」の2機種を発表した。直販価格で「モトg…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
聖ペテロ教会の尖塔(せんとう)からリガ旧市街とダウガバ川を眺める(写真は筆者撮影)

リガで知る「百万本のバラ」に込めたラトビア人の魂

 ◇バルト3国編(4)  バルト3国の真ん中に位置するラトビア。IT立国で鳴らす北隣のエストニアに比べれば、経済発展は遅いが気候風…

ニッポン金融ウラの裏
新橋駅周辺の繁華街=東京都港区で2020年9月15日午後6時11分、長谷川直亮撮影

「忘年会自粛が広がったら!?」飲食店やタクシーの不安

 今年は忘年会シーズンが訪れるのか――。10月も中旬に差し掛かって、金融業界ではそんな話が交わされるようになっている。金融機関の融…

メディア万華鏡
河井克行元法相(左)と案里参院議員

河井克行・案里夫妻に感じる「夫人が議員」となる違和感

 「もし夫婦でなければ、彼はあそこまでやったかなあ?」と結婚している友人らに聞くと、「やるわけがない」と切って捨てられた。2019…