小高朋子

小高朋子

旅食ライター・カメラマン

1982年、神奈川県生まれ。アパレル業界、映像製作会社を経て、フリーランスに。持続可能なモノづくりの可能性を求めて各地を巡り、地域の食文化、工芸品、産業などを取材し、写真、映像も用いてその魅力を紹介している。現在、農業者向けのビジネススクール(オンラインアグリビジネススクール)にかかわり、各地の農業現場の取材を担当。旅と、おいしい食べものと日本酒が何よりも好き。

イチ押しコラム

世界透視術
平昌五輪で国旗を手に声援を送る北朝鮮の応援団=2018年2月14日、佐々木順一撮影

北朝鮮応援団が「金日成仮面」で歌った“口笛”の意味

 平昌の冬季五輪は結局、北朝鮮の政治宣伝の場となった。金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の妹、金与正(ヨジョン)氏が兄の特…

職場のトラブルどう防ぐ?

33歳契約社員が「正社員転換」でガッカリしたワケ

 A子さん(33)はある会社で営業事務として働く女性です。5年前に契約社員として入社しました。2017年秋に、勤続3年以上の契約社…

知ってトクするモバイルライフ
HISと日本通信が合弁でHISモバイルを設立

HISが仕掛ける海外旅行用「500円SIM」の目算

 格安スマホ(MVNO=仮想移動体通信事業者)の老舗の日本通信が、旅行大手のHISとタッグを組み、通信サービスを開始した。日本通信…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
ザグレブ旧市街のシンボル・ザグレブ大聖堂。クロアチアはカトリックの国(写真は筆者撮影)

旧ユーゴ・クロアチア 美しい街並みの先にある現実

 ◇旧ユーゴ諸国とアルバニア編(1) 旧ユーゴスラビア社会主義連邦共和国。「六つの共和国、五つの民族、四つの言語、三つの宗教、二つ…

メディア万華鏡
月刊・料理王国2月号の表紙

「料理家やモデルも2世ブーム」社会格差は拡大するか

 食の専門誌、月刊・料理王国2月号の表紙を見て「へ~」と思った。「『食』の継承者たち」という見出し。それに、予約の取れないことで知…