くらし

崩壊家族 日本の現場

押川剛 / (株)トキワ精神保健事務所所長

国内の精神疾患患者数は392万人(2014年、厚生労働省障害保健福祉部作成の資料より)を超え、30人に1人が通院や入院をしているといわれます。精神疾患はもはや身近な病気です。一方、病気の自覚がない人や、症状が慢性化した人ほど、医療につながりにくい現実があり、家族も苦しんでいます。危機的な家庭からのSOSを受け、本人を説得して医療機関に移送するスペシャリスト、押川剛さんとともに、家庭内や地域でどのように対処すればよいかを探ります。

イチ押しコラム

職場のトラブルどう防ぐ?
 

「上司と相性悪く憂鬱」25歳女性の適応障害は労災か

 A子さん(25)は金融関連会社で営業事務をしています。直属の上司との相性が悪く、強いストレスを感じていました。ある朝、自宅の玄関…

知ってトクするモバイルライフ
HarmonyOS 2を搭載したタブレットのMatePad 11。ペンやキーボードでの入力にも対応

ファーウェイ「米制裁対応の新OS」何が変わる?

 ファーウェイは、米国の制裁によって、グーグルのアプリやアプリストアに対応したアンドロイドOSをスマートフォンやタブレットに採用で…

メディア万華鏡
頭髪を気にする男性は多い

男らしさが試される?「ハゲ」めぐる男社会の考察

 前回に続き「ヘア」の話。と言っても、男性の頭のそれ、だ。 「額が後退している。苦労が多いのね」。新型コロナウイルスの感染拡大で緊…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
サンサルバドルのショッピングモールのメトロ・セントロ。デザインセンスも清潔さも秀逸(写真は筆者撮影)

サンサルバドル「救世主」の町に見た強烈な格差

 ◇中米バスの旅編(4) コロナ禍直前の2020年1月初旬、夜8時過ぎ。エルサルバドルの首都サンサルバドルの場末で国際バスを降り、…

ニッポン金融ウラの裏
 

オレオレ詐欺「次の標的」はネットバンキング!?

 銀行業界ではインターネットバンキングの利用拡大を目指す動きが加速中だ。窓口や現金自動受払機(ATM)で送金するより格段に安い手数…