平地修

平地修

毎日新聞経済部部長(元ワシントン特派員)

1968年北九州市生まれ。早稲田大学法学部卒。92年毎日新聞に入社。西部本社筑豊支局、熊本支局、福岡報道部、西部本社経済部を経て、05年に東京本社経済部。金融や財政、エネルギーや通商政策などを担当。11年10月にワシントン特派員として赴任。14年10月に帰国し、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)交渉の取材などに当たる。20年4月から現職。

イチ押しコラム

知ってトクするモバイルライフ
HarmonyOS 2を搭載したタブレットのMatePad 11。ペンやキーボードでの入力にも対応

ファーウェイ「米制裁対応の新OS」何が変わる?

 ファーウェイは、米国の制裁によって、グーグルのアプリやアプリストアに対応したアンドロイドOSをスマートフォンやタブレットに採用で…

メディア万華鏡
頭髪を気にする男性は多い

男らしさが試される?「ハゲ」めぐる男社会の考察

 前回に続き「ヘア」の話。と言っても、男性の頭のそれ、だ。 「額が後退している。苦労が多いのね」。新型コロナウイルスの感染拡大で緊…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
サンサルバドルのショッピングモールのメトロ・セントロ。デザインセンスも清潔さも秀逸(写真は筆者撮影)

サンサルバドル「救世主」の町に見た強烈な格差

 ◇中米バスの旅編(4) コロナ禍直前の2020年1月初旬、夜8時過ぎ。エルサルバドルの首都サンサルバドルの場末で国際バスを降り、…

職場のトラブルどう防ぐ?
 

男性の育休取得「なぜ7月末に集中?」もっともな理由

 A夫さん(32)は、従業員数約500人の会社の総務部に勤めています。会社は、数年前から男性社員の育児休業取得率の向上に取り組み始…

ニッポン金融ウラの裏
 

オレオレ詐欺「次の標的」はネットバンキング!?

 銀行業界ではインターネットバンキングの利用拡大を目指す動きが加速中だ。窓口や現金自動受払機(ATM)で送金するより格段に安い手数…