平地修

平地修

毎日新聞経済部部長(元ワシントン特派員)

1968年北九州市生まれ。早稲田大学法学部卒。92年毎日新聞に入社。西部本社筑豊支局、熊本支局、福岡報道部、西部本社経済部を経て、05年に東京本社経済部。金融や財政、エネルギーや通商政策などを担当。11年10月にワシントン特派員として赴任。14年10月に帰国し、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)交渉の取材などに当たる。20年4月から現職。

イチ押しコラム

ニッポン金融ウラの裏
東京証券取引所がある日本取引所グループのビル

「退職金の受け皿」ファンドラップが運用難で伸び悩み

 長期の資産形成サービスとして提供されている「ファンドラップ」を見直そうという機運が、証券会社などの間で高まりつつある。多くの収益…

知ってトクするモバイルライフ
KDDIが3月に導入するポヴォは20GBで月2480円。他社より500円安い料金を打ち出した

KDDI新プラン「ポヴォ」月2480円で通話は500円増し

 NTTドコモやソフトバンクが相次いで発表した低価格の料金プランにKDDIも対抗した。同社は3月に新料金プランの「povo(ポヴォ…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
高速道路と通勤列車が縦断するテルアビブの都心(写真は筆者撮影)

イスラエル・テルアビブへ“杞憂”に終わった入国審査

 ◇イスラエル編(1) イスラエル。行っていいのか、行かない方がいいのか、よくわからない国。戦争中なのか平和なのか。自由に動けるの…

メディア万華鏡
香取慎吾さんがキャラクターを務める「お母さん食堂」=ファミリーマートの公式サイトから

ファミマ「お母さん食堂」めぐり高校生が考えたこと

 食事を作るのはお母さんだけですか?--ファミリーマートの総菜シリーズ「お母さん食堂」について、京都、兵庫、岡山の高校生が署名運動…

職場のトラブルどう防ぐ?
 

再び緊急宣言で相談増「雇用調整助成金はもらえる?」

 A男さん(52)は、従業員数約50人の業務システム開発会社を東京都内で経営しています。国が緊急事態宣言を再発令したため、従業員の…