渡邊啓貴

渡邊啓貴

東京外国語大学大学院 総合国際学研究科教授

1954年生まれ。東京外国語大学卒業、パリ第一大学大学院博士課程修了。パリ高等研究大学院・リヨン高等師範大学校客員教授。シグール研究センター(ジョージ・ワシントン大学)客員研究員、『外交』編集委員長、在仏日本大使館広報文化担当公使などを経て現職。著書に「ミッテラン時代のフランス」「フランス現代史」「ポスト帝国」「米欧同盟の協調と対立」「ヨーロッパ国際関係史」「シャルル・ドゴール」「現代フランス」「アメリカとヨーロッパ」(近刊)など多数。

イチ押しコラム

職場のトラブルどう防ぐ?
 

「月給50万が18万円!?」再雇用に迷い始めた59歳次長

 A郎さん(59)は、従業員数約100人の衣料品卸会社で営業次長を務めています。今年9月に60歳になり、定年を迎えます。先日、会社…

知ってトクするモバイルライフ
自社サービスを提供するためオリジナルの端末を販売。写真は4月14日発売の「トーンe21」

「トーンモバイル」新端末でコロナ対策と子供見守り

 格安スマホの「トーンモバイル」(ドリーム・トレイン・インターネット<DTI>が運営)が、新端末の「トーンe21」を4月14日に発…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
マイアミの都心はマイアミ川を挟んで南北に広がる(写真は筆者撮影)

藻谷氏が感じた「マイアミ」の海岸を楽しむノウハウ

 ◇米ダウンタウン編(4) 2018年1月。ブラジルのサンパウロから8時間弱飛んだ筆者は、午後4時前のマイアミ国際空港に着いた。翌…

ニッポン金融ウラの裏
=2019年4月15日、曽根田和久撮影

野村巨額損失「パリバ・ショック」の二の舞いになるか

 金融資本市場に不安心理がくすぶっている。その理由は、野村ホールディングスなどが米国で直面し公表した「巨額損失発生の可能性」の事案…

メディア万華鏡
コロナ禍で「生理の貧困」は連日メディアに登場するようになった

生理休暇から「生理の貧困」70年続く女性たちの闘い

 初潮を迎えたものの、生理用ナプキンを持ち歩いているのを知られたくないという女の子のために「ハンカチポーチ」の作り方を紹介する記事…