石野純也

石野純也

ケータイジャーナリスト

1978年、静岡県生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒。2001年、宝島社に入社。当時急速に利用者数を伸ばしていた携帯電話関連のムック編集に携わる。05年には独立してフリーランスのジャーナリスト/ライターに転身。通信事業者、携帯電話メーカー、コンテンツプロバイダーなどを取材、幅広い媒体に原稿を執筆する。業界動向を記したビジネス書から、端末の解説書まで著書も多い。

イチ押しコラム

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
マングローブの生い茂るスンゲイブロウ沼地保全地区(写真は筆者撮影)

シンガポールのマングローブ抜けユーラシア最南端へ

 ◇シンガポールの自然公園編(5) シンガポール島の北半分を取り囲むのが、幅1~2キロのジョホール水道だ。まるで川や運河のようにも…

ニッポン金融ウラの裏
記者会見中、かんぽ生命保険の植平光彦社長(右)と言葉を交わす日本郵政の長門正貢社長=2019年9月30日、小川昌宏撮影

かんぽ生命不正「お粗末な調査票」背景に無責任経営

 かんぽ生命の不正な保険販売の発覚をきっかけとして、日本郵政グループのお粗末な危機管理が浮き彫りになっている。保険販売の無軌道ぶり…

知ってトクするモバイルライフ
NTTドコモとメルカリが始めた「みんなのメルカリ教室」。写真はdガーデン五反田店

ドコモが「メルカリ使い方教室」シニアを取り込めるか

 NTTドコモは、全国のドコモショップ34店舗で、フリマアプリ「メルカリ」の使い方を学べる「みんなのメルカリ教室」を始めた。 カリ…

メディア万華鏡
初閣議を終えて、記念撮影に向かう安倍晋三首相(手前中央)と新閣僚たち=首相官邸で2019年9月11日、北山夏帆撮影

「女性活躍」は経済成長の手段?アベ政治の底の浅さ

 米人気ドラマ「ハウス・オブ・カード 野望の階段」は、大統領役の男優ケビン・スペイシー氏にセクハラ疑惑が浮上して“#MeToo”運…

職場のトラブルどう防ぐ?
 

優秀な29歳営業マンが「スマホ」を置いて帰省した理由

 A太さん(29)は、社員数約60人のコンサルティング会社の営業マンです。営業成績を上げるため、仕事とプライベートの区別なく迅速で…