藻谷浩介

藻谷浩介

地域エコノミスト

1964年山口県生まれ。平成大合併前の約3200市町村のすべて、海外114カ国を私費で訪問し、地域特性を多面的に把握する。2000年ごろから地域振興や人口問題に関して精力的に研究、執筆、講演を行う。著書に「デフレの正体」「里山資本主義」ほか多数。国内の鉄道(鉄軌道)全線を完乗した鉄道マニアでもある。

イチ押しコラム

知ってトクするモバイルライフ
デザインを刷新してカメラ機能を強化した「ギャラクシーS21シリーズ」。左から「S21ウルトラ」「S21+」「S21」

サムスン新スマホ「価格下がっても」動画撮影は多彩

 サムスン電子は1月15日、スマートフォン「ギャラクシーシリーズ」の新3機種を発表した。「ギャラクシーS21」「S21+(プラス)…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
ハイファの町の丘の上から地中海を遠望する(写真は筆者撮影)

イスラエル北部「ハイファ」美しい景色と宗教の混交

 ◇イスラエル編(2) 南北に細長いイスラエルの人口は、南北200キロ余りの北半分に集まっている。高速道路なら2時間少々、1時間に…

職場のトラブルどう防ぐ?
 

「在宅勤務手当」国が示した非課税計算式が複雑すぎる

 A子さん(45)は従業員数約60人のウェブサイト制作会社の経理・総務責任者で、社内規定の整備や給与計算を担当しています。会社は、…

ニッポン金融ウラの裏
東京証券取引所がある日本取引所グループのビル

「退職金の受け皿」ファンドラップが運用難で伸び悩み

 長期の資産形成サービスとして提供されている「ファンドラップ」を見直そうという機運が、証券会社などの間で高まりつつある。多くの収益…

メディア万華鏡
香取慎吾さんがキャラクターを務める「お母さん食堂」=ファミリーマートの公式サイトから

ファミマ「お母さん食堂」めぐり高校生が考えたこと

 食事を作るのはお母さんだけですか?--ファミリーマートの総菜シリーズ「お母さん食堂」について、京都、兵庫、岡山の高校生が署名運動…