赤間清広

赤間清広

毎日新聞経済部記者

 1974年、仙台市生まれ。宮城県の地元紙記者を経て2004年に毎日新聞社に入社。気仙沼通信部、仙台支局を経て06年から東京本社経済部。16年4月に中国総局(北京)特派員となり、20年秋に帰国。現在は霞が関を拠点に、面白い経済ニュースを発掘中。新著に「中国 異形のハイテク国家」(毎日新聞出版)

イチ押しコラム

知ってトクするモバイルライフ
iOS 14.5では右のような画面で同意を取らないとアプリが利用者情報を追跡できなくなる

アップル「iPhone新OS」でプライバシー強化の狙い

 アップルは、近日中に配信するiPhoneのOS(基本ソフト)「iOS 14.5」で、プライバシー保護の機能を強化する。新機能は、…

メディア万華鏡
テレビ朝日が取り下げた「報道ステーション」のウェブCMの一部

報ステCMで考えた「企業の社会的メッセージ」の役割

 「どっかの政治家が『ジェンダー平等』とかって今、スローガン的に掲げてる時点で、何それ、時代遅れって感じ」 こんなセリフが含まれる…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
ダラス都心のケネディ大統領暗殺現場の横に建つJFKメモリアルプラザ(写真は筆者撮影)

米ダラス「ケネディ暗殺メモリアル」なぜ簡素か考えた

 ◇米ダウンタウン編(5) 2017年10月。アメリカのニューヨークとボストンに出向いた帰路に、南部のダラスとニューオーリンズに立…

職場のトラブルどう防ぐ?
 

「月給50万が18万円!?」再雇用に迷い始めた59歳次長

 A郎さん(59)は、従業員数約100人の衣料品卸会社で営業次長を務めています。今年9月に60歳になり、定年を迎えます。先日、会社…

ニッポン金融ウラの裏
=2019年4月15日、曽根田和久撮影

野村巨額損失「パリバ・ショック」の二の舞いになるか

 金融資本市場に不安心理がくすぶっている。その理由は、野村ホールディングスなどが米国で直面し公表した「巨額損失発生の可能性」の事案…