赤間清広

赤間清広

毎日新聞経済部記者

 1974年、仙台市生まれ。宮城県の地元紙記者を経て2004年に毎日新聞社に入社。気仙沼通信部、仙台支局を経て06年から東京本社経済部。霞が関や日銀、民間企業などを担当し、16年4月から中国総局(北京)。20年秋に帰国後は財務省を担当しながら、面白い経済ニュースを発掘中。

イチ押しコラム

職場のトラブルどう防ぐ?
 

「結婚休暇で正社員と格差」29歳契約社員のモヤモヤ

 A子さん(29)は従業員数約300人の食品メーカーで営業事務の契約社員として働いています。3年前に入社して1年契約を更新し続ける…

知ってトクするモバイルライフ
フルモデルチェンジをしたiPadエア

新iPadエア「プロにかなり近づいた」使用感をルポ

 アップルは、デザインや機能を一新させた「iPadエア」を10月23日に発売する。処理能力を大幅に向上させ、このシリーズとしては初…

ニッポン金融ウラの裏
新橋駅周辺の繁華街=東京都港区で2020年9月15日午後6時11分、長谷川直亮撮影

「忘年会自粛が広がったら!?」飲食店やタクシーの不安

 今年は忘年会シーズンが訪れるのか――。10月も中旬に差し掛かって、金融業界ではそんな話が交わされるようになっている。金融機関の融…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
リガの市庁舎前広場を歩く花嫁。後ろは戦争前の姿に再建されたブラックヘッド会館。街は「バルト海の真珠」と称され美しい(写真は筆者撮影)

ラトビア首都リガ「バルト海の真珠」に隠された歴史

 ◇バルト3国編(3) 団子三兄弟のように縦に並ぶバルト3国。上から2番目にあって、人口も2番目なのがラトビアだ。1人当たり国内総…

メディア万華鏡
河井克行元法相(左)と案里参院議員

河井克行・案里夫妻に感じる「夫人が議員」となる違和感

 「もし夫婦でなければ、彼はあそこまでやったかなあ?」と結婚している友人らに聞くと、「やるわけがない」と切って捨てられた。2019…